FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

あのね。

02 15, 2019
あのね、本っ当に聞いて欲しい。

五右衛門って犬はね。
本当に困った世話の焼ける犬です。
いろんな人に迷惑をかけて、飼い主は頭を下げっぱなしです。
虐待と躾のラインが世の中を賑わせているが、散々考えたギリギリのことはやります。
こいつの将来に誰かを怪我させて殺処分ってヴィジョンはいつもいつもいつもいつも頭にあります。
だからギリギリのことをします、こいつが殺される事と引き換えにできるものはこの世に存在しない。

とても満たされ落ち着いてるときは、私の足元に付いて休んでる時間も多くなってきました。
けれど、きちんとして崩れていない座れの体制を取るのは叱られたり私が怒ってる時と、
コンビニなどで私を待つ時だけです。不安しか受け取れない落ち着かない目で。

でもね。

昨日、体調も良くなかったのもあって普段流すことができることに引っかかった。
ファクトリーを出てから帰宅するまでにちょっと、いや結構キレる出来事がありまして。
かなり自制しましたが、その分消化しきれず何か当たり散らすものを探す自分も必死に抑える。
なんとか夜の散歩は済ませ・・・思えばその時から様子が違ってたんですが、戻ってダイニングで深呼吸。
立ったまま両手で顔を覆いフゥゥゥゥゥゥっと大きく息を吐き、文章として意味を成さない悪態をボソっと。

そしたらね。

コタツの中で寝ようとしていた五右衛門がゆっくり近寄ってきて、私の足元で正座。
優しい目で、目線を泳がせずにまっすぐずーっと私を見てるんですよ。
「なんだよ五右衛門、散歩は行ったばかりだよ、ご飯もいつも通り食べただろう?」
フと尻尾を見ると、動いていないんですよ、ご飯にしろ散歩にしろ要求で良い子にしているときは振ってる。

あれ・・・?

頭に手を置くと、立ち上がって擦り寄せてきて、













img_1024b.jpg

ストン。

と、足元に伏せをして。
側から動かないからね、と言ってる感じで。

違う、散歩でもご飯でも要求じゃない・・・
けどゴメンな五右衛門、何を言おうとしているのかわからないけれど。
今のお父さんは、それに応えてあげたり察してあげる余裕は全く無いんだ。

ダイニングチェアに脱力しながら腰掛けて、また顔を両手で覆い大きくため息。
この時もいつも叱ったり怒ったりするときのワードや仕草は一切発していません。
なのに、また寄ってきて・・・













img_1025b.jpg

このまま、微動だにせず。

私が夕飯を食べ始めてもずっとずっとずっと。
あ、箸がなかったなと取りに立ち上がるとそのまま正座で待ってる。
首だけ私に向けて、そうだよね、その距離で戻ってくるのはわかってる。
だからくっついて行かないで、ここで待っています、そう言ってるように。
私が食べ始めても20分はこのまま、目をそらさず尻尾も振らずジッと優しく見つめてて。
普段ただ愛情と嬉しさだけで寄ってくるときは、座った高さだと私の顔は舐め回すに格好の位置。
だけど一切舐める事なく待ってる。少し気の毒になった私が、五右衛門、伏せてなよって言ったらスっと伏せて。
食べ終わってテレビのリモコンを探しながらコタツに移動する時も、私が落ち着くまでずっと見てて。
私がコタツに落ち着いたら、私の横で「このままにしてようか?それとも甘えても良い?」って聞くように立ってる。
あ、トイレに行っておこうかなと立ち上がると、私の後ろから離れずピッタリ付いてきてトイレ前で正座してる。
コタツに戻っても、私の仕草を待ってる、良いよおいでって言うと太腿の上に前足と頭を載せて。

何が起きてるか、しばらくわからなかった。
え?いや・・・だってこれがそうなんだとしたらこの子の普段は?ってくらいの混乱。
けれど、確実に五右衛門は私を慰めてたんです、スッゲー冷静に考えても。

お前、実はすげー犬なんだな・・・















ありがとう五右衛門。
ハッピーバレンタイン、私の愛の全てで。
















                 
Posted in 未分類
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ