FC2 Blog Ranking

スポーツとしての積極的長距離歩行のススメ。

06 07, 2012
今日も沢山歩きました。

いやいや、あくまで仕事の移動の一部を歩きにしているだけですよ(汗)
仕事しないでエクササイズに精を出しているわけじゃあありません。
お前のはエクササイズなのか?と疑いの眼差しが一部から注がれている様子ですけどね。
そうそう、この前ちょっと心外な出来事がありました。
「七ヶ浜~石巻、フルマラソンを歩いてみようきっと違う明日が見えるはずチャレンジ」
のことを、おおしろ接骨院のスポーツオーソリティ若き院長に話したんですよ。
そうしたらもう完全にヘンタイを見る眼差しですよ、困りましたね~。
だってスポーツに対して一番偏見を持ってはいけない立場でしょう。
院長、あれはスポーツなんですスポーツ、楽しいから一度やって御覧なさい。

皆もどう?









画像2012.6.67 005

朝、車両移動なんかもあってクルマトイキル広場改めクルマトイキルファクトリーへ。

埋め立てで出来た工業地域じゃないんですが、水路が多く陸上の連絡が良くないですこの辺り。
七ヶ浜も、ファクトリーのある貞山通りも、政宗さんが作った運河でバッサリ切り離されているのです。
なので直線距離は非常に近いのですが、実際には思いのほか時間がかかります。
と言ってもクルマで10分もかからないんですけどね。









画像2012.6.67 010
画像2012.6.67 016

そこから歩いて本塩釜駅、仙台までは電車。

地下鉄でお客様宅のある八乙女まで、が普通なのですがここを歩こうと。
そのために今朝は久々の5時30分出発でした。

お客様との約束の時間があるのであまり寄り道もできませんが、
道中気になった風景をスナップして歩きます。

なんでこれが?って風景も。
自分でも良く判らないが昭和のコンクリート建造物に非常にノスタルジーを感じることがあります。









画像2012.6.67 019
画像2012.6.67 020

本日はMBの210。

あ、申し訳ないのですが私WとかSとか良く判りません、今はね。
決して「そんなのいいじゃん」って立場じゃないんですよ、きちんとした知識になればそれで表現します。

・・・のガラスリペアです。
今回は市販のコンプリートされたリペアキットを使うが、ちょっと一手間加えて品質向上を目指します。
プロスペックなリペアキットやレジンには到底敵いませんが、高価で手が出ないのが現実。
前もって書いておきますが現役のプロがそれなりの機材と材料を使用するのがベストですよ。
しかし市販の激安リペアキット使用でもあるレベルまでは持っていけるって事例です。









画像2012.6.67 024

室内側にミラーを貼り付けて、外側から確認しやすくします。

昔はガラスの温度は外気温と一緒が良いなんて言われていましたが、ちょっと高めが良い気がします。
しかし紫外線硬化型レジンを使用するので作業中の日光はご法度です。

飛び石は一般的なハーフムーンとスターのコンビネーションブレイク。
損傷位置がガラスのほぼ中央ですので今回リペアに踏み切りました。
問題は衝撃点(石が当って直接砕けた外側の部分)が大きいのとレジンの品質ですね・・・









画像2012.6.67 025

本来であれば衝撃点を、ガラス加工用のマイクロリューターで除去成形します。

そうしないとクシャクシャになって白濁した点が残ってしまうのですが、残念ながらバイトがありません。
ですので衝撃点以外の部分を可能な限り綺麗に直す方向で。

シリンダーをセットしてレジンを少量入れます。
ここからは力加減が難しいですが、ストレート形状のピックツールの先を鈍らせて衝撃点を押します。
すると傷が開くのでレジンの浸透がよくなりますし、具合が良いとこれだけで完了する場合も。
しかし距離のあるスターブレイクはこれだけだと浸透しません。









画像2012.6.67 026

プロの場合はここでバキュームポンプ、若しくはハンドバキュームポンプで真空引きをします。

が、残念ながら私のハンドポンプが壊れていることが発覚。
引けませんのでバキュームなしでやります。

ピストン状のものをねじ込み圧力をかけて、スターブレイクの上からピックツールで押します。
これはちょっと力が強いと「スッ」とヒビが走るので注意が必要なデリケートな作業。
何度も何度も繰り返し、初めと同じ力で押しても空気が入ってこなくなるまで繰り返します。

決まったかな?と思ったら紫外線を当てて硬化させます。
が、このキットですと中に浸透させるレジンと衝撃点処理用のレジンが一緒です。
イケルかな?と思ったのですがやはり柔らかめで表面の仕上がりは今ひとつです・・・
今もそうだと思うのですが、衝撃点は別の硬化時硬度の高いレジンで別に固めていました。
それを削り込んでコンパウンドで仕上げる、って寸法。









画像2012.6.67 023
画像2012.6.67 028

衝撃点の処理は完全じゃないのですが、ビフォーアフター。

車検は文句なしに通過でしょう。
衝撃点はリューターのバイトを仕入れてそのうち綺麗に処理したいですね・・・









画像2012.6.67

桑の実!

物凄い近くにも生えてたんだ・・・もう少し熟したらこっそり収穫に行こう。
どう考えても勝手に生えた感じだけど、怒られちゃうかな?









画像2012.6.67 018

メシ。

ここ最近、当然の流れではあるけれど野菜が不足。
すると体が要求してきますね、物凄い野菜が食いたくなる。
ここ2・3日は250gのサラダと500ccの野菜ジュースを先ず食います。




明日は電力申請に必要な機材の搬入。





スポンサーサイト
                 
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ