FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

若干サボりました。

02 05, 2018
そうそう、木曜日にグルンディッヒとKT66シングルとデノンDAC。

あの快音セットがお渡しとなったわけなのですが。











img_1647b.jpg

うーむ・・・

S様、申し訳ないです。
電源コードをお渡しするの忘れちゃった(汗)

翌日いらっしゃったご近所の別のS様にお使いをお願いしてしまうと言う・・・

が、本日お客様より「引きこもりになる不安」のメールをいただきました。
何よりです(笑)











img_1649b.jpg

で、改めてEAG・RFT6501を聴きこむ。

んー。

あのね、長居したくなる、もしくはリピートしたくなる。
何か自分に足りない時、ありすぎる時、他の空間の助けを借りたい時。
足を向けるお店、例えば喫茶店。

そこで聴こえていたら、きっと幸せだろうな、って音。
じゃあ、他のセットじゃお店で聴こえてて幸せじゃないかって意味じゃない。
人間の脳はその空間の要素を瞬時に合成するから、不快要素がない音ならばきちんとトータルで捉える。

このスピーカーは私のノスタルジーのど真ん中に近い音が出ている、ってことです。

確かに能率がとても高いユニットだから、低出力のアンプでも全然おっけーだけど。
これは、悔しいかな300Bシングルで聴きたい。













img_1653b.jpg

んー。

再生音に何を求めるか?

そんな風に考えながら音楽を聴く人はあんまり居ないと思いますが。
そのオーディオセットはどんな目的でそこにあるのか?を考えてみると面白いと思います。

人間の耳はあくまでセンサーであり、
そのデータを処理するCPUたる脳は音声データのみを合成するわけではありません。
私はこんな立場で音を聴くので、自分の脳がどんな要素を合成しているのか異常なくらい客観して聴きます。

でもね、それは「ピアノが飛ぶ」とか「ハイハットが太い」とか「ベースに輪郭がある」とか「ラッパが柔らかい」とか。
高域が艶やかとか低域が締まるとか音場がタイトで音像の立体感が凄いとか音場が広くて聴き疲れしないとか。
ではないんです、これは処理に使う要素(センサーの数)で言ったらものすごく少ない。
と言うよりも、ユニットにあるプログラムを別としてセンサーで言ったら1つだけ。
耳だけで音を分析している行為であって、これは音の評価の3割だと思います。
マイクで拾った音を周波数分析してまとめて例えを色付けしただけ。

人が音を聴くときは、もっとたくさんの情報を使ってる。
室内でも野外でもどんな気温か。
明るさや背景も含めた目からの情報。
タバコの匂いかコーヒーの香りか、鼻からの情報。
何に触れているのか、ソファーの表皮はファブリックか革か。
ソファーなのかチェアなのか立っているのか、その時の姿勢。
起きてから何時間なのか、食べてから何時間なのか、疲労度や空腹感。
これらは処理する能力を変化させる要素も含まれてますが、それでも変化するのは当然です。

でね、最も大きな要素って「感情と記憶」です。
どちらかと言うと記憶が大きいと思うけれど、この二つは紐づいているから。

これは他の人間には正確にシミュレートできないです、絶対に。
特に記憶に関しては無理、どんな傾向のオーディオ趣味に向かうかはこの二つのどっちが大きいかによる気もする。

私が音を聴いていてどんな情景が思い浮かぶか。
つまり「どんな記憶が呼び起こされるか」、これはリアルな経験でもバーチャルな経験でも。
それをシステムの評価、良し悪しではなくてキャラの何となくの見極めの最も大切な要素にしています。

良し悪しは、そのシステムのセットのセンスがない、つまり自分自身の良し悪し評価です。
スピーカーやCDPやアンプ、個々に絶対的な良し悪しは存在しない。
悪いってのがあるとしたら、それは楽しめるセットにしていない。
もしくは「音=金」の図式が拭えない脳であるか、です。

音はとても多様です。
多様であることを認識した時から、楽しみのコスパは数百倍になると思います。

んー、どこかのお店で聴きたい。















あ、クルマの整備もしています。


















スポンサーサイト
                 
Posted in 未分類
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ