FC2 Blog Ranking

ちくしょー、結局はやっぱり演りたいの・・・

01 27, 2017


こちらはオーケストラ。

ね?イっちゃいそうでしょ。
これがほら、音だけじゃわからんのですよ。
ヴィブラの大井さんが左肩をグっと入れてる様とかはわからない。
生音って、視覚嗅覚触覚聴覚味覚、その時のすべての情報の統合。

かといって毎日好きな時に大井さんが奏でてくれたり、
江藤さんがドラム叩いてくれたりはしません。

音楽を近く感じたい、だから再生がある。
近代音楽の文化ってそもそも再生ってものと一緒に育ってきたもんですしね。
音楽は生じゃないと音楽じゃない!って言うのは違う。

再生に特化した方向も、立派な音楽です。
ピュアオーディオとか言ってマイ電柱立ててみたりね。
それはそれで一つの音楽だと思うけれど、追求の先にあるものは「生音」からはどんどん離れていく。
と、思っていますしそこまでの入れ込みをする人は割り切っていると信じたい。

奏者が目の前にいない限り、
どうこねくり回しても生音はスピーカーから出てくることは絶対にない。

デッドニングも電磁波対策も電源安定化もないけれど、広くてちょっとしたライヴ会場っぽい場所。
そのガサガサした環境は巨費を投じたリスニングルームでは絶対に作れないライヴ感をくれる。
結局私がセットした音も、生音ではないしむしろリアルな生音の真似っことは真逆な方向と自覚してるし。

が、そのアンチ生音追求の結果。
会話がしんどい音量が環境の不純要素とフュージョンすると、不思議なグルーヴができるのは真実です。

どちらにしてもご家庭で、は難しい。
だけど、あのクルマ屋さんに行くとさー。
ってのがいいなーと。

あるお客様が仰ってましたが、「トイレに入ったら、ライヴ会場のトイレかと錯覚した」
そうやって、トイレにこもった低音がズンズン響いてくるとかね。
これも、雰囲気ですよ。















残念ながら江藤さんが太鼓のFiveは解散してもう聴けず。

今はSixとなって演ってるみたいです。
が、市原さんの太鼓もセクシーです。

こういうアンサンブルを無意識に目指しちゃうから、
クラッシックや堅めの音楽だと上手く馴染めなかったんだろうな。
そっちも好きでやってたんですが。











IMG_2233.jpg

さて、本日のお仕事の一部を。

156、ドライヴベルト交換。











IMG_2234.jpg
IMG_2235.jpg
IMG_2236.jpg
IMG_2239.jpg
IMG_2240.jpg

前のブレーキホース左右交換して、











IMG_2241.jpg

テンポラリータイアはまだ3k入ってて優秀。











IMG_2242.jpg

仕上げ・・・なんですがこのアルファのカーペットも抱き込みすごい(汗)

エアーガンで飛ばそうとしてもなかなか出てこないくらい。
そして飛んでもまた抱き込む無限ループ。











IMG_2243.jpg

なので、エアーの向きに掃除機構えてチマチマと。

それでも見た目のインパクトが足りない仕上がり・・・











IMG_2244.jpg

特別なことは何もやってないのですが。

こうやって、整備した後の変化があると嬉しいですねやっぱり。

旧世代の直噴は、ブン回すのも整備の一環。
カーンカーン言わせてレッドに放り込んで、完成。

明日お渡しです。












明日も4件ご予約いただいております。

皆様、どうぞお気をつけてお越しください。















スポンサーサイト
                 
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ