FC2 Blog Ranking

できればシンプルな作業で忙しい年末がいいです。

12 20, 2016
調べ物に追われているのは何でだ。











IMG_1139_2016122020414749c.jpg

タイプ3。

仕組みを変えてしまうのは嫌だから、この仕組みのまま完全な作動を。
ディスクで導通しちゃうのは中のスチールの芯に対してゴムが薄い場所。
カラーのボアを削ってボルトとの間に絶縁材を仕込むと金属同士の打撃でダメになりやすい。
ずれないトルクで締め込めばいいけど、そうするとワッシャー座面や後々のサービスで不都合。

なのでカラーを抜いてカラー外径を絞って・・・











IMG_1140_201612202041461ee.jpg

テフロンシートを巻いて元に戻す。

これでカラーとディスク間の絶縁は保たれるしテフロンシートへのストレスも少ない。











IMG_1157.jpg

だけど、構造的に広めのワッシャーでサンドイッチしなきゃいけなくて。

そうするとカラーの入る部分の芯、その表面の薄いゴムを通して導通してしまう。
つまりディスクの上下でワッシャーの下に何か仕込まなきゃいけない。

カラーの周囲よりも磨り潰す向きのストレスが何倍もかかるからテフロンじゃ持たない・・・気がする。
じゃあなんだろ?











IMG_1149_20161220204145c10.jpg

何かないかなー。











IMG_1150_201612202041449f0.jpg

何か・・・ダメ元で、とすげー散財しながら考える考える。

で、結局はアレか(汗)
買ったものを一切使用しないプランに落ち着くっていう。

あ、しょっちゅうです。
これがメカニックの日常、だからお金持ちにはなれないのです。

オールドスクールにやるのが一番なんだろうな。











IMG_1152_201612202041432e9.jpg

昔の絶縁材料といえば繊維か紙か陶器か。

スレが発生しにくいトルクまで締め込んでも割れたり千切れたりしない。
ちゃんと絶縁してその状態をキープしてくれる。
サービスの際の利便。

紙だ。











IMG_1153.jpg

おけ。











IMG_1159_20161220204258ca2.jpg

おけ。











IMG_1162_20161220204258653.jpg

おけ。

これでオリジナルの仕組みのままで電気の漏れもなく気持ち良い回路。











IMG_1163_20161220204257c81.jpg

なんつーか。

こうじゃないと、こうしたい、ってイメージの芯をブレさせない作業は。
多分、お客様にもわかりやすいと思うんです、なんとなくだけど。
たかだかホーンを鳴らす鳴らさない、だけどその工程のあーでもないこーでもない。
それが伝わりやすい、どうしてこんなに手間がかかっているかわかりやすい。
つまりスッキリです。

で、修理って普段からだいたいこんな感じです。

その他は調べ物。
モニターの字が完全に二重に見えてるし。












明日は他にも試運転あるので、留守がちです。














スポンサーサイト
                 
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ