FC2 Blog Ranking

程度が軽いとは言え、簡単じゃないです。

02 08, 2013
おはようございます。

最近寝落ちの多いエーゾーです、ごめんなさい(汗)
今日は朝から寒々しい雪がハラハラと降っていますね。
こんな日は廃油ストーブをガンガン焚いてこもり気味にハーレーでも進めたいのですが・・・









R0012146.jpg

昨日。

電気回りはそこそこ格好がついたので、エンジンを進めます。
TSMなんかは、後からリアタイア側からフォローできるので一度切り上げ。

オイルタンクが付いてしまえば後はどんどん組み上げるだけ。









R0012147.jpg

でもない。

エンジン側は新品のOリングキットを使いますが、
タンク側はちょっと純正のキットを使うのが躊躇われる。
もし仮に錆の浸食が予想以上だったとしたら、
を考えてサイズを変えたOリングを数増しで入れてみます。

あれだけ手をかけたタンクですが、
ダメならタンクごと交換になっちゃう。









R0012152.jpg
R0012150.jpg

リアシリンダーはピストンと共に新品使用。

この辺りは依頼元さんで準備してくれました。









R0012151.jpg

ピンのリテーニングクリップ。

SSTのリムーバーインストーラーが非常に便利ですが、持ち合わせていません。
ですので手持ちの一般的な工具でコチョコチョしてエイっと入れます。
どれだけ丁寧に入れたつもりでも、この時にピストンのピンのボアを傷つけている。
でもって外すときにピンが抜けないって事になるんですね。
外す時は無理せず暖めてからが結果的に早いです。

手元が滑ってクリップがケースに落ちたら真っ青です。
多分なんとか回収可能だと思いますが、できなかったら小さく見積もってもケース降ろし。
せっかく車上整備で行ける状態だったのに降ろすのは嫌ですから目一杯養生します。









R0012162.jpg

形になってきました。

使うボルト類は使用箇所ごとに違うので判りやすいハーレーのエンジンとは言え、
見積り時の分解や保護は違う人間が行っているバイクですので確認作業が増えます。









R0012153.jpg

どーれ、ヘッドOHして載せてしまえば明日はクランキングできるかな?

・・・無理かも。

塩を被ったアルミの救出は時間との勝負です。

それも数日以内に洗浄できるかどうか。
例えば震災から2ヶ月で分解することができたエンジンと、
1年半手をつけることができなかったエンジンでどれだけ差があるのかは微妙。
鉄部品に関しては1ヶ月だろうが2ヶ月だろうが、条件によっては少しでも早ければ効果が出ます。
クランクベアリングなんかはそうですね、塩水を抜いてオイル漬けにしてグルグル回すとか。
だけどアルミに関しては最大2ヶ月を境に状態は決まっている気がします。









R0012156.jpg

救える確立は低いかなと思いつつもやるだけやってみます。

ワイアーブラシで腐食部分を取り去っただけですが燃焼室がボコボコです。
ヘッド面もこれでは圧縮が逃げてしまう。










R0012154.jpg

定盤が無いので大変ですが、粗いサンドペーパーでザックリやってからひたすらオイルストーン。

2時間くらいは格闘したかな。









R0012157.jpg
R0012160.jpg

なんとか圧縮を抑えられそうなところまで。

酷く腐食して凹んでいるところはガスケットのスチールリングの内側ですので。
だけど、シートの虫食いがどうかな・・・









R0012163.jpg

シートカッターはありません。

古いバルブを加工する方法もありますが、あいにくこの大きさのバルブが無い。
角度を分けて作るのも大変ですから当りは広くなりますが擦り合わせで追い込んでみます。

むー。
こうして半日かけてやってみたヘッドですが、やっぱり不安です。
自分のバイクか、若しくはお客様と直接コミュニケーションが取れているならばまだしも。
結局はこの時点で依頼元へ電話、中古が手配できるならそうしてくれと連絡。

なかなか思うようには進まないものですね。
一旦保留。







先日サバーバンでお越しくださったお客様と共通の知人の話で盛り上がったと書きました。

その共通の知人、お客様と一緒の職場で働いているとのことだったのですが、
なんと昨日電話をくれました、話をしたのは約22年ぶり。
実はその方、私の専門学校の恩師で実習で何度か教えていただいたことがあります。
物言いは乱暴だし怒鳴るし手が出るし何時も竹刀を持ち歩いているしと、旧時代の先生。
だけど非常に真っ直ぐで熱く、学校の外でも個人的な勉強に付き合ったりと頼れる人でした。

担任でもなかったし、学科でも担当されていなかったので接点はあまり無いと思っていましたが、
あの大きな事故があったからか、なんと私を覚えていてくださった。

「おめー、変ったクルマしかやらねーのか?」

いやいやそんなことないです(汗)
その人の生活に密着した大切にされているクルマならばなんだってお世話したいです。

「んだら何かあったらお願いすっから」

ありがとうございます。
でもやり難いな・・・






スポンサーサイト
                 
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ