FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

124と南三陸。

10 15, 2018
124くらいの年式だと、やっぱり初めが肝心。

かなー、と改めて思う次第。











img_7678b.jpg
img_7679b.jpg

あ、そう言えばこの124も白だ。

で、エンジンかからず。
プラグ、よく走ってたなーと思う状態。
この手のクルマを購入するとき、またはした時はオーナーさんがきちんと認識できる形で点火系は一式交換。
が、そーゆークルマが初めての場合は付き合っていく上での意識づけにもなるし、大事です。

とりあえずベロベロ減ってっちゃう片イリジウムは使っちゃダメ。
レアメタルプラグ使う場合は両イリジウムか、あるいは普通のプラグ。
色々あるけれど、始動性の癖も含めて普通のプラグが一番好きです。

これも普通のに交換。











img_7680b.jpg

ABSランプの点灯とか、他にもいたずらしてるOVPも交換。











img_7682b.jpg

いつまで充電しても復帰しないバッテリー、今回はユーロブラックで交換。

無事始動したけれど、ピピピッて水滴・・・なんだ?











img_7683b.jpg
img_7684b.jpg

初めはフィンの間に合った水滴かなとおも思ったんですが。

いや、それもあるけどちょっぴり緑色だし。
じゃあラジエター交換してから試運転に・・・











img_7685b.jpg

エンジンかからない潜在的な原因が他にもあるかも知れないし。

ってことになると、諸々不都合も出てくるのでごにょごにょして走れるようにして試運転。
いや、調子いいんじゃない?もう数日乗ったらお返ししようかな。











img_7686b_2018101513243103a.jpg

と思いながら帰ってきたら、この場所に停車した途端にエンスト。

再始動不可。

なーんとなくこんな予感はしてたんだよな。
出先で止まらなかっただけいい奴だ、124。

検電ペンでピピピピピっと見て、コイル死亡。











img_7788b.jpg

部品手配してコイル交換、始動。

けれど。











img_7782b.jpg
img_7781b.jpg

これもあんまりダメになったの見てないがクランクセンサーもボロボロだったんで序でに交換。











img_7790b.jpg

ラジエターも落ち着いてるし。

以上を、ある程度見込みで乗り始める時にやってしまうとその後が楽です。
燃料ポンプとリレーもよくわかんないから最初にやっとく?あるいは一年後?とか。
じゃないと、直す方も乗る方も疲れてきちゃいます。











img_7796b.jpg

試運転、今度はガチ。

三陸道使って色々走行条件変えながら、エンジンも止めてかけてとかやりながら。











img_7797b.jpg

戸倉のビジターセンターに寄ったり。











img_7801b.jpg

こーゆーの、すごく切ない。

一言で言えない、主観だけで話してはいけない、色々なことが。
塞がれた階段入り口にあるような気がする。











img_7804b.jpg

その色々なことがあった志津川湾。

なんとラムサール条約に登録されるそうです。











img_7807b.jpg

本当に良いところ。











img_7808b.jpg

いくつか読み物も頂いてきたので、ご来店の際は目を通してみてください。












マジでいいところだから。

















                 
スポンサーサイト
Posted in 未分類

さて、どこまで取り戻せるかな?

10 15, 2018
取り戻す、とか言ってる時点で要らん意識がある気もするけど。

それもまぁ、ある程度必要。
モヤモヤは無くなっていませんが、どーせいつも感じている訳だし。

書くぞ。











img_7657b_20181015122453037.jpg

先ずは一昨日来やがれ。

オトトイキヤガレ、音と生きやがれ。
何でもいいんですが、毎日の生活に「ちょっといいよね」を。
私がそんなことがないとダメになってしまう弱い人間なので、
その手のことをたくさん提案している(してしまう)ことにより自分を慰めてる側面は大きい。
きっと人の発動力ってのはどんな綺麗に言ったとしてもそこなんだと思います。

ファッションにしても。
オーディオにしても。
音楽活動にしても。
家具やインテリアにしても。
食事にしても。
クルマにしても。

皆、そうだと思います。
その、ちょっといいねにどのくらいの価値を見出すか。
例えば趣味と称される類のクルマじゃなくて、通勤に使っている軽自動車。
ちょっと古いしたくさん走ってるから、何も望んでないし特別手をかける必要もない。
でも、この軽自動車のオイルで遊んでみる、少しいいオイルを選んできちんと替えてあげる。
これだけでも、朝起きた時出勤する気持ちが変わってくる、ほんのちょっとワクワクする。
今まで意識していなかった僅かな挙動にも意識が行くようになる、ブレーキって本来こんな感じなの?
アイドルからアクセルを開けた時の回転のノリは、本来こんな感じなの?
トータルで完調って、どんな感じなの?

それはクルマ以外でも同じなんじゃないかなーと。
いやいやクルマって「こーゆーもんだ」とそこに振り分けるお金や意識の配分って皆が持ってる。
そこに価値を見つけるか見つけないか、本当に人それぞれ。

これまた私のパターンですが、自分が積極的に求めてることって潜在的なツボにハマるとは限らない。
いわゆる衝動買いで顕現するのがそれかな?とも思っていたんですが、どうやら違う。
ソレは結構な深いところにあって、何度か確認してあげる必要もある。

だから、たくさんお話をして、たくさん見てもらって、たくさん聴いてもらって、たくさん感じてもらう。
バーチャルや媒体を通したものではなくて、ダイレクトに。

で、数日、数週、数ヶ月、半年、一年経ち。
あ、やっぱりいいねエーゾーさん。
もちろん、ソレはたまたまクルマトイキルにあったモノにたまたまお客様の何かが「引っかかった」時ね。

このテレフンケンとモノブロックKT66も。











img_7661b.jpg

「あ、これがある日常はちょっといいかも」

そうやって嫁いで行きました。
K様、アルコールのお供にいっぱい聴いてやってくださいね!

アルファードのライトは近々ご案内します。











img_7870b.jpg

さて、アルテック。

小さい方のアルテックね。
これがかなり馴染んで来ててとってもいいです。
とは言っても最強の美音だよ、過不足ないよ、じゃないですよ。
そもそも絶対な基準は存在し得ないから最強もク○もないです。

アンプ次第なので難しいのですが、
重心は低いけれど下まで降り切らない中押し感の強いキャラ。
これと300Bなので、コアはしっかりしてるけどとっても角の取れた柔らかい響きのシステム。

小さいスピーカーですが、箱は大きめがいいかも。
小さなお部屋でもいいですが、スピーカーの距離は取った配置がいいかな。

どんな曲がいい、ってものすごく難しい。
なんつーか、どんな曲でも聴こえ方の違いで発見があるんです、当たり前だけど。
ソレはソレで良いことの方が多いから、何を聴いても面白いよってことになる。

これが好みか好みじゃないかってだけですね。

発見っていうと、











img_7871b.jpg

フルデジタルアンプ。

これはビックリしますよ。
アナログ処理の過程で沈んでしまっている音、
いや沈んでいるっていうんじゃなくって聴こえてないのが自然な音。
それもはっきりと出してくるから曲によってはアレンジが変わった?って思っちゃうくらいです。

表現が難しいんですけどね、全部聴こえてるといいのか?っていうと若干違う。
すこーし感情に訴えるものが減る気がするんですよね・・・

これまた好み、です。

だから、何度も聴きにいらした方にしかセットアップできないんです。











img_7873b.jpg

デジタルアンプ系の音は。

ヴィソニックが面白いです。
元々、その小ささもあって音を選んで出すようなキャラのスピーカー。
それが際立つ部分もあるんですが、逆に足りない部分も押してくれる。











img_7872b.jpg

なんだかんだ言ってもですね。

この6550PPの大人なまとめ方は凄い。
部分押しがなくって情報が多い。

そのガタイの大きさから、大きめのスピーカーと合わせてみたくなるんですが。
情報の多さからくる音場の広がりの効果は、ブックシェルフで最もインパクトがある。











img_7874b.jpg

この、見た目も音もアンティークなテルマー 。

6550で鳴らすと、うわぁってなります。












以上、直近の納品と在庫紹介でしたが断捨離セールをしようかと思います。

お話があっても、グズグズと出し惜しみしてしまっていたオーディオ達ですが。
全て、私がお話させていただいてた価格設定よりも2割ほど下げて仕切りプラプラくらい。
お考えだった皆様、買う買わないは関係なくコーヒーと音を楽しみに来てください。
















                 
Posted in 未分類

困ったもんだ。

10 11, 2018
いや、とっても健全です。

健全にやさぐれてます。
やさぐれるってのは健全(精神がね)じゃないとできないことだから。
何に対してやさぐれてるのかってーと、これがなんともはっきりしない。
物の発信の在り方そのものっていう非常に漠然としたモノに対して「オメーはなんなんだよ」と。

発信媒体は色々ありますが、例えばFacebookはイマイチでInstagramは良いとかそれも何なの???
いやいや、やっぱりtwitterだとか訳がわからん。

発信って、表現だと思うんです。
それ自体を一次表現、言い換えれば作品として表現することもあるけれど、
基本的には作業や創作なんかの一次表現があってそれを媒体を通して二次表現する。
私なんかだと修理や整備の作業や音つくりの作業と感想が一次で、それを紹介する二次でブログ。
家族との休日のブログは、私のパーソナルを二次表現しているんだから多分同じこと。

今は間接的な二次の表現が非常にお手軽で、文化的にすっかり根付いています。
何つーか、「乗った」感じがあってFacebookもInstagramもすこーしやりました。
そして、あんまりにも何でもありな言ったもの勝ちが過ぎていて嫌になりました。
そりゃブログも一緒ですけどね、読む人見る人と発信する人との関係性は明らかに違う。
修理はほら、直ってなかったらダメだから結果が非常にはっきりしています。
直りました、あるいは直りませんでしたでもいいけれどその二次はストレートな報告であり、
仮にその二次を歪めて表現しても媒体なしで受け取る人には素地でしか伝わらない、メッキできない。

と、思ってた。

答えの定義や正解が無しと「されているもの」、一般的にアートに分類されている表現。
とっても扱いが難しいけれど、それと同じで拘っている風を装うのは本当に簡単なんですよ。
特に主観で済まされる、0か1かじゃないモノに対して。

媒体無しのガチンコ、対面して直接表現しなければならない時。
二次との乖離が激しい方がたくさんいて、本当に戸惑います。
自由なんですけどね、表現は自由だ。

けれど、見てもらう聴いてもらう感じてもらう、「もらう」ことは相手あってこそだ。
「もらう」すなわち「いただく」、いただけなければ表現者の確立ない。
そこに金銭や物のやりとりがあったならば、更に「いただく」。

金もらわないんだから自由だ、じゃないよ。
相手の時間をもらってるでしょ。
音楽聴かせるにしても。

料理でも音楽でも喋りでも文章でも整備でも。
自分の一次を伝えることってのは以前はとても忍耐の要ることだった。
お金はもちろん、相手の時間を自分に使っていただくまでってとても大変だった。
それがスマホでパチリ撮ってエフェクト選んで何の苦労もなく二次が発信できてしまう。

いやいや、もっと重いもんじゃないの?
もっと重いとは言わないまでも、軽過ぎて二次もとても重要な表現だと取り組んでる人までミソクソだ。
かく言う私も、かなりお手軽に発信できてたことになるがいつも葛藤があり。
たった数行の文章に数枚の写真を貼っただけのブログに毎日数時間をかけ。
若干シラけてくるのも否めず。

・・・と、またブログスランプに陥ってました。

けど、ああこの人は「イコール」だと確認してもらえるように。
ちゃんと書かなきゃなと思ったり。












ホント難しいね。
















                 
Posted in 未分類
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ