FC2 Blog Ranking

ちょっと写真多めで行きます。

01 31, 2013
今日はとっても暖かい日でした。

具体的数字は判りませんが、夜の8時までシャッター3枚とも全開で作業なんて本当に久し振り。
かなり着込んでいるからなんですが、それでも寒いなって思うこともなく寧ろ汗をかきながらやってました。
勿論集中して色々な事を考えながらの作業ではありますが、小脳的作業(体を動かす方がメインの作業)は、
その後の疲労感も心地よく「あー、オレって仕事したなー今日。」と充実感も味わえる。

逆に出口が見えない電気的トラブルシュートなど大脳的作業は、手応え十分ですがストレスも大きく胃にきます。
先日もCKさんが胃痛を半分受け持てと、かなり悩ましい現象のシナリオを聞かせてくれましたが流石はCKさん。
何を隠そう、CKは「ちょっと毛が・・・」 「(奴には)ちょっと勝てない」の略なのですよ、オクサン。

オイラもダーリントン、ソース接地、カスコード、CC-CE、CC-CCくらいなら相談に乗れるゼ。
だけど電子回路の原理を頭に浮かべるような修理は何年もやってないから直ぐに思い出せないけどー。









R0012049.jpg

色々やってます、オイルの手配一つとってもかなり真剣です。

私が自分の所有するクルマに求めてきたのは「空気」で、何処何処のオイルが良いとかの知識はかなり少ない。
走り屋さんでも無かったし、オイルを選ぶ高性能エンジンを積んだヨーロッパ車も所有したことが無い。
だけどお客様の体験や知識、一度入力した情報は忘れませんのでそれを元にブランドや銘柄を選んでいます。
ですがやっぱりイレギュラーに弱い(汗)、T様お待たせしてしまって申し訳なかったです。

えー、そんな話をは関係があるようでいて全く無い500円玉貯金に夢中なワコーズK。
本日は借金取りですのね、ひどいわー(って言うか車検で一気に現金が無くなった日に納品するんだもの)。
なになに、これに水入れて数日置いとけって?どーせ「ウワーサビサビ、あれれコッチはサビてなーい!!」
そんなオチだろーけど付き合ってあげます。









R0012054.jpg

部品が届いたくらいで丁度お昼。

家人が会計の月次処理をしに来ていたのでオトワも連れて安くて美味しいアソコへ。

本日からちゃんとお昼を摂る事にしたと同時に可能な限りお昼休みも取ります。
お昼は近所の散策、カメラ片手に歩け歩けです。









R0012056.jpg

久々に来たのは「仙台屋食堂」。

天童軒とは違った魅力のある中華屋さんです。









R0012057.jpg

ええ!!!!

一体どんなアレがあるのだらう。









R0012059.jpg

あんかけ焼きそばは本当に美味い。

でもって、よっしゃー今日からお昼お散歩「ディスカバー貞山通」だぜー。
と思ったら家人から電話、ファクトリーに帰らないと渡せない忘れ物。
んじゃー迎えに来てよ。

5分であっけなく終了したディスカバー貞山通」初日。









R0012050.jpg

部品が揃ったのでブースト高めで行きます。

先ずはシール。









R0012051.jpg

新しいハブで締め込んで行けば入るのでしょうけど。

古いハブもあるので治具で使って押し込み。









R0012062.jpg
R0012063.jpg

写真だとインパクト無いな~。

センターベアリングってちょっとしたフロートマウンティングなんですが、
そのマウントがヘタってすっかり落ちてしまっています。

別にZ32だからってワケじゃないですよ、分割式のプロペラシャフトを使っているクルマは皆そうです。
だけど中にはこのZみたいにセンターベアリングだけ取り外せないとか、部品供給が無いのもある。
輸入車は多いです、プロペラシャフトアッセンブリーになっちゃうパターン。

でも、今は日本車も小さめな四駆はそうなのかな?









R0012064.jpg
R0012065.jpg

パーツカタログだと、必要部品は皆セットになっている感じだったんだけどなー。

新しいベアリングの箱には、このダストシールドみたいなのが入っていないし付いていない。
古いベアリングを削って綺麗に外せたので再使用します。









R0012066.jpg

緩み止めと締め付けトルクの一定化、クリアランスの調整みたいな感じか?

色々と大切そうな理由hが浮かんでくるワッシャー。
忘れないで入れます。









R0012067.jpg

付きました。

ビシっと真ん中キープです。









R0012068.jpg

マフラー繋げたいんですが、取り置きジャンクボックスの中に細目のボルトはありません。

エグゾースト関係は細目ネジが多い、ちょっぴり在庫させといても損はないかなと思った今日この頃。









R0012070.jpg

近所のケンデポでササッと買ってきます。

少し荒れてるくらいなら、痩せるよりマシなのでタップは立てません。
その代わりアンチシーズはベッタリ塗ってから組みます。
遮熱板もそうだしプラグもそう、熱がかかる所は絶対に塗ります。









R0012071.jpg

所々に新品のパーツが見て取れる。

S様、ATマウントも勿論新品になっていましたがこのマフラーサスペンダーも二箇所新品でしたよ。









R0012072.jpg
R0012073.jpg

あれ?

こんな所も直しながら。









R0012048.jpg

フランジは大事なところだけブラストします。

かなりしつこいサビでした。









R0012074.jpg

新品のハブとフランジを合体。

キュキュキュ~っと入って気持ちが良いです。









R0012075.jpg

私はアンチシーズなんですよね、ここ。

嵌合用のロック剤もあるし普通のスレッドロッカーも使えます。
なんだけど、今回みたいに外せなくなるのは困るしサビも嫌だから使っていません。
当然お客様の使用状況に合わせますし、場所によっては高強度のスレッドロッカーをベッタリ塗ることもあります。
だけど、殆どの場合フランジとドライブシャフトのスプラインはアンチシーズです。









R0012076.jpg

暑いー。

と独り言が出てしまうこの辺りの組み立て。
今日は本当に汗をかいていました。









R0012078.jpg

ブレーキ組んで、要所要所を防錆。

ここまでやって、どうせだったらスタッドも打ち変えておけば良かったか・・・
と気が回らなかった自分にチョッピリ落胆しました。

使用に問題はありませんが、実際に痩せています。









R0012077.jpg

左の足。

接地でのハブセンターからフェンダーまでの距離は測ってありました。
リフトサポーター「神」で1Gの距離まで持ち上げて各部本締め、勿論ショックを切り離しておいて。









R0012079.jpg
R0012080.jpg

終わったー。

確認は指差し、自分の中の記憶と照合します。
思い出せないボルトやナットは必ず工具を当てる。









R0012081.jpg

うーん、バッチリ。

あの不快な振動がなくなってくると、今まで気が向かなかった部分が気になる(汗)
右前のアッパーマウントかアッパーリンク?キシキシ言ってるしエンジンも踏み始めにモタつきがあるような。

でもとっても乗り易いクルマなんですね、Z32。
私がメカとして働き始めた新人の頃に出たのがこの32ですが、当時は速くて怖かった。
クルマ好きでメカニックとは言え運転の経験も浅く、一度車検のZ32で田んぼに落ちそうになりました。
雨の日の田んぼ道、一時停止から右折、早めのシフトアップで完全に向きが変わる前に3速で踏んだんです。
そしたらもう真っ直ぐだろって安心した頃にブーストかかってお尻を振り始めて、アレは焦った。
運転が悪かったんだけど、「怖えークルマじゃあ、ナンマイダナンマイダ・・・」と。

S様、追加整備の件了解致しました。
明日見積りをメール致します。










そう言えば今日で41歳だ。

明日はラ・ジータで皆で食べようって事になってるらしいが、
家人が一応誕生日は今日だし、何か食べたいのある?と聞くので「贅沢なパスタ」と言いました。

するとなんてことでしょうー、超山盛りウニのクリームパスタ!
ボーノボーノ、ユーツーユーツー、イルコントペルフォバーレ。

ご馳走様でした。

R0012082.jpg






                 
スポンサーサイト

今年始まって一番ホッとした瞬間。

01 30, 2013
なんだかインフルエンザが北上してきている気配です。

ブログにコメントくださっている方やその他の動向を伺っていると仙台もそろそろか?
我が家ではどこから拾ってきたのか経路不明だがオトワが鼻水垂らして笑っています。
と思ったら家人がお腹を下して発熱、酷くならずに落ち着いているので一安心ですが。
病気や怪我は本当に怖い、その心理は外的なものへの恐怖ですが本質は内的なものでしょう。
徹底的に防ぐんだってストイックな態度であれば、かなり健康で生活できるのではとも思える。

因みにそのために私に必要な事は、
「禁煙」
「3食」
「運動」

その他にも手洗い・うがい等等ありますが、それ以前に基本がなってないですな。
昨日かな、前の道路のしつこく解けない氷を一生懸命剥がしていましたがもうゼーゼー。
ゼーゼーの後にゲッホゲホ言っちゃって自分でもコリャダメだと。
どーしよー・・・

寒さはこれから本格化でしょうけど、早く暖かくならないかな~。
気温の問題じゃないのは十二分に承知しております。









R0012031.jpg

今朝は何時もの通り、8時から事務仕事を行って9時に作業開始。

Z32、バラシにかかります。
部品の入荷は今日じゃなかったのですが、サクサク進むとも思えなかったので。
年式の割りに錆によるダメージが少なく安心できますが、どうでしょうか。
車検も近いので序でにできる部分はやってしまいます。
サイドブレーキ周りの洗浄。









R0012042.jpg

ハブのボルトにアクセスし難かったのでシャフトも抜きました。

で右はなんの障害もなく外れました。









R0012043.jpg

特に漏れなどありませんが、ハブを外さないと交換できないダストシール。

内側から打ち込む物なので交換。









R0012044.jpg

フランジもちゃんと外れてOK。

残ったレースをけずって外して準備完了。









R0012033.jpg

左もこの調子で。

と思ったらドライブシャフトが微動だにしません(汗)
使う予定はなかったのですがとある申請で必要なため買っておいたハブプラー。
一発で伸びちゃいました、これインパクト使ってないんですよ・・・
そりゃ相当な力でギリギリやったからなんですが、安物買いのナントカになっちゃった。
大体にして小さいもんなーコレ。

KOTOとかNIPPEIとかが高価なのはちゃんと理由があるってことです。









R0012034.jpg

嫌な感じがします。

気配が全く無いので一度オーバートルク気味に締めこんでからハンマーで殴る殴る。
それでも動かずシャフトをやっつけてもいけないので気持ちも切り替え。









R0012035.jpg

ゴッソリ外してしまいました。

車上でゴニョゴニョやってると使える部品まで壊してしまいます。
落ち着きの無い形なんで固定が大変でしょうけど、プレスにかけます。









R0012036.jpg

頼むぜセイント!

・・・ダメ?









R0012038.jpg

かなりヤバめにかけてますが、本当にびくともしない。

老兵プレスはリリースの度にオイルをダラダラ流しながら頑張っているのに(泣)









R0012037.jpg

ラスペネ漬にしてヒートガン。

圧力を落としてかけっ放しにしてみよう。









R0012032.jpg

その間にプロペラシャフトを。

最近外した形跡があるのですが、一本とっても怪しいので炙ってから。
無事に外れて一安心、この辺りは全部ボルトを交換しておきましょう。








R0012039.jpg

振動の発生現場はここ。

センターベアリング、と言うよりはマウントがダメか。









R0012041.jpg

こちらはすんなり外れてくれました。

マフラー関係も可能な限り分解を避ける方向で、なんとか余計な部品は出さずに済みそう。









R0012045.jpg

で、お前は?

うーん、動きたくないか。
エータロは頑固だけど、もうちょっと聞き分けがいいぞ。









R0012045-2.jpg

外れない。









R0012045-3.jpg

外れない。









R0012045-4.jpg

外れない。









R0012046.jpg

ぃやったー!!

今年一番ホッとした瞬間。
プレスには可哀想だが、リリースしてはプレスを繰り返していたら、
ナックルの足が折れたか?と心配になる音と共にジワジワきました。
この他にもあの手この手でくすぐって、ここまでにほぼ1日を要しました。
途中フランジを壊す考えが何度か過りましたが粘ってよかった・・・

S様、なんとか余計な部品を出さずにいけそうです。









R0012047.jpg

フー。

部品の到着を待ちましょう。





試運転も無いし足も無いので徒歩通勤再開。
少し動かないとダメだわ、本当に。






                 

VG30とTC88

01 29, 2013
R0012030.jpg

板金とは関係ないのですが、駐車場内移動でちょっぴり気になったのでステージア夜の試運転。

乗り込んだら丁度流れていたのは桑田佳祐。
言い尽くされているのは承知の上ですが、やっぱり素直にカッコイイなと思うのです。
楽曲はその時代時代でしょうし、今現在に至るまで全てが良い作品だとは思いますが、
私の中ではサザンオールスターズ・KUWATA BAND含め昭和までです。

丁度昭和・平成、時代の切り替わりと共に桑田佳祐さんの楽曲も変化した様な気がする。
それが良い悪いじゃなくって、私的にガツンと真ん中に響くのは1989年の夏くらいまで。

でもって久々にNIPPON NO ROCK BANDが聴きたいと探すも見つからない、どこいったー。

やっぱりカッコイイね、ぐっさん。
クルマはどうする、このまま足までやってしまう?









74677_568382283191838_823068020_n.jpg

S様、写真を拝借。

午前中は124のお渡し。
前オーナー所有時にATのオーバーホール、ステアリング周り、フロントショックetc・・・
兎に角色々と手をかけお金をかけてもらっていた124の4マチックです。
しかし、だからもう数年間は手放しで乗れるのか?と言えばそうではない。
実際に現オーナーの手に渡る時、点火系全てとベルト周り、ラジエーターその他、まとまった作業をしています。

それでもなお今回もトランスファー含む課題数点を残してのお渡し。
そんな付き合い方を良しとできなければ乗れないクルマなのは事実です。
現所有者の方は理解の上でお乗りいただいている、彼もまた趣味の乗り物を愛する若者。
私も最大限努力し124とオーナーの関係におけるバランスを探って整備をします。










R0012014.jpg

時を同じくしてZ32の入庫。

ゴルフの整備をきっかけとしてお付き合いさせていただいているS様、何時もお気遣いありがとうございます(汗)









R0012015.jpg

オーダーは音と振動。

成る程、振動は当たりがつきました。
ですが音は・・・冷えている時に顕著だということですので明日朝でしょうか。









R0012017.jpg

一通り確認しておきます。

弱いアッパーリンクは何度か交換されているのでしょう、ガタはありません。
が、アッパーボールジョイントにちょっぴりガタがあります、まだ影響が出るレベルではありませんが。









R0012018.jpg
R0012019.jpg

左右ラックブーツ。

ラックエンドにもガタがありますね、できればブーツと一緒に交換が望ましいです。
それと左右リアハブベアリングにガタ、音を聞くまではなんとも言えませんがこちらも両方がベスト。

オーナーはこれまた非常にクルマを大切にされていらっしゃる方なので、アレコレ目が行ってしまいます。









R0012020.jpg
R0012021.jpg

時間を見ながらハーレー。

テンショナーを交換し洗浄も終えたカムサポートプレート。
取り付けるんですがそのままキュキューっとボルト締めるだけだとチトまずいです。
殆どはそれでも大丈夫なんでしょうけど、オイルポンプもバラシている場合で極稀に油が逃げることがある。









R0012022.jpg

中でエマルジョンしちゃったオイルは少しガソリン入れてジャブジャブ洗います。

これも「この場合はコレ」って基準や決まりがあるわけじゃない。
被災車両相手にそんなのがあったら逆におかしいしケースバイケースです。
侵入した海水は少ないが、錆止めにと初期に入れておいたオイルが固まっています。
なのでガソリン。

それを吸い上げて、代わりにATFを2Lほど入れました。
何するってクランク回してオイルポンプのサクションで残った要らないものを排出するため。
それとポンプの潤滑、そして芯出し。









R0012023.jpg

綺麗なATFが出て暫くしたらフィードへも流してあげました。

ってこれは潤滑程度。









R0012024.jpg

そしたらポンプを締めてサポートプレート取り付け完了。

一次チェーンを取り付け。
コレも本当だったら、カムの取り外しを行った後はアライメント見ないとダメってことになってます。
だけど抜き差しだけじゃよっぽど考えなしに乱暴しなきゃズレないと思う。









R0012025.jpg

ビニール手袋しているのは、クランクをぐるぐる回している時にケースの角でペローンと皮をめくってしまったから。

絆創膏が巻けない場所だったので面倒だから手袋。
リフター取り付けてクランク回してカムのマークが本当に合っているのか確認。









R0012026.jpg

セルスターターは無条件で交換。

なんだけど、やっぱりソフテイルは作業性が悪いな~(汗)
他の作業の序でもあってオイルタンクを外しっぱなしだったので良いけれど。
例によってジャックシャフトがあるのでプライマリーケースは開けないとダメです。









R0012028.jpg

外したモーターのピニオン側を回してビックリ。

普通に回転するしワンウエイクラッチもちゃんと効いている。
こりゃヘタするとモーターも回るかな・・・









R0012029.jpg

ハイトルクタイプに交換。

本当はタンクも組んでガンガン行きたいところなんですが、
メインサプライケーブルを作らないといけない、そんでもってキャブタイアの在庫が・・・無くなっていた。
しかもプライマリーのガスケットを家に忘れているし。

タンクは電気周りが全部片付いてからだな~。
だとすると早めに決めたいような・・・
でもTSMとかイグニッションモジュールとかどうしようか。





このところ、一番回転率の高いAT代車のうちミニキャブが長期貸出となってしまいました。
スタッドレスとチェーンが揃っているATの代車はパルサーのみですので、
どうぞご協力をお願い致します。






                 
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ