FC2 Blog Ranking

進化したATEがあれば仮免許で路上が走れるが点火系は定期的に交換して足回りはループリフトで。

09 30, 2011
なんなんスかね?
どうも調子が出てこないですよ、風邪なのか知りませんけど。
かといって、そんじゃ医者にでもって程暇がある訳でもないんです。
つまり今週はクルマトイキル始まって以来の、オリジナルな仕事での忙しさ。

・・・とっても嬉しいです、フフフ。









IMGP2873.jpg

さて、ボルボのお客様からのご紹介でBMW・Z4の修理をご依頼いただきました。

白のZ4、カッコイイですね・・・特にスタヴィレーのフェンダーカバーをかけられている姿が。
(そこがズレてるんだよ、とか言わないで下さいよ、本気でそう思っているんですから。)









IMGP2866.jpg

現象はABSとDSCの警告灯点灯。

クルマは'08ですし距離も1万6千kmですが、やっぱり此処が怪しいですよね。









IMGP2870.jpg

頼むゼ、ナオヤ君(AUTEL DS708)!

予想通りにDSCのDTC。
でも、どんなDTCなのかはここまで新しいユニットだと読めませんね・・・









IMGP2871.jpg

意外と素直って言うか、面白みの無いDTC・・・

私はこんなに新しいATEのユニットに触ったのは初めてなので、ウイークポイントなんかは判りません。
ですがこのDTCからすると、やっぱり先ずはユニット外してポンプ電源のピンを確認でしょう。









IMGP2872.jpg

ですがその前にアクティヴテスト。

オーナーは新車で購入してから丁寧に乗り続け、多くの方がそうであるように、
一度もABSもDSCも作動させたことはありません。
ですのでちょっと多めに回してあげましょう。









IMGP2876.jpg

当りも悪くないし、要らない液体が入り込んだ形跡も無いです。

因みに私が経験したこのDTCの入力で、100%此処が原因だったのは
ポンプユニットからブレーキオイルがジャブジャブ漏れていたケースだけです。
他にも緑青を呼んでいたり、かなり怪しいのもありましたが完全な裏は取れていません。









IMGP2877.jpg

寧ろピンと基盤の接続部分とか、そもそもポンプ電源が初めにユニットへ入力される部分の半田とか。

そっち絡みの方が原因としては濃いんじゃないか?ってクルマが多かったです。
ですので気持ちよく開けてしまいましょう!

・・・だって、このまま戻すのは嫌でしょう。









IMGP2878.jpg

この写真の中央部分がポンプへの電源供給端子取り付け部。

上の写真も、良く見ると判りますが基盤への電子部品以外の取り付けには半田が使用されていません。
これもATEの進化の一つでしょうかね。

基盤に接続されるピンに円錐状のスプリング的な加工がしてあり、基盤の穴に差し込まれています。
つまり温度変化や振動、変形などにも追従するようになってるってことですね。










IMGP2880.jpg

その他、電子部品など目視による点検では異常は見当たりません。

この「半田レス接続」にどの程度の実績や信用が置けるのか、今の私には未知数です。
ポンプ側の端子にハッキリとした原因が発見できず、またアクティヴテストでも気配は無かった。
とすれば、この部分は実績のある方法で処置し直さざるを得ません。

差し込み式の接続部分を全て半田でカヴァーし、元に戻します。
元々散発的なDTCでしたしDTCとMILの関係は1:1ですので警告灯は消えて当たり前。

さて、今できる最善は尽くしたと思うのでその旨をオーナーへ告げ、ご理解を頂きます。
現在の多くのクルマにあることですが、最善を尽くしてもなお客様に「長期テスト」を
お願いするしか方法が無い場合があります。

机の上、頭の中でのシュミレーションではOKでも長時間長距離の先が描けない。
今回の様な電気的トラブルですと、数万点の部品がアッセンブルされた中で何が悪戯しているか、
そこまでは見切れないのでダイアグノースティックを利用する訳です。
しかしそれも、例えばカウンターやフリーズフレームが読めたとしても、
ある程度追い込みには限界があります。
かといって、数十万するコントロールユニットをポンと交換するのもどうか。
この辺りは考えうる危険性・使用上の障害などを考慮し、問題の無い範囲で補修に切り替えます。

その結果を評価するには、やはりお客様ご自身での日常的な使用による長期テストが必要なのです。
私もあまり使いたくない言葉ですし、エンジニアとして何か負けた印象のある言葉ですが、
世間ではこのことを「様子見」と言いますね。

・・・やっぱり嫌な言葉だなぁ。









IMGP2881.jpg

その帰り、仙台をそろそろ抜けようかと云う地点で捨て置けないクルマを発見。

・・・したような気がしました。
ので、何としても後ろにつけようとハブベアリングを、いやフラット4を唸らせます。









IMGP2886.jpg

後ろを取ったのは正解ですよ。

昔は結構走っていた気もしますが、まさか平成の世の中で手書きの「仮免許・練習中」を見るとは。
ご丁寧にフロントにも貼ってありました。

「生徒」はおそらく60代の女性。
「教官」は同年代の男性、おそらくご主人。

んー、何かあったら大変ですよ・・・止めましょう。









IMGP2887.jpg

本日の頂き物。

食品加工会社の社長さんから、比較的新しいブレーカーを頂きました。









IMGP2891.jpg

40A。

うんうん、使える。









IMGP2890.jpg

50A。

これも使える。









IMGP2888.jpg

75A。

スゲーな、何を回そうか。









IMGP2889.jpg

100A。

元はこれで行けそうじゃん。









IMGP2892.jpg

225A。

そうそう、こんくらいないとね。

40馬力モーターで回転ループリフトを回しましょう。
車検が来たら、上げてタイアやドラムを外す「アゲ」ポジション。
見積もって下回りを洗車する「アライ」ポジション。
オイル交換やらカップ交換パッド交換を行う「カップ」ポジション。
エアー抜きやオイルの充填タイアの取り付け増し締めを行う「サゲ」ポジション。
全部で3台のリフトをグルグルとレールに沿って回します。

こりゃあ効率が上がるぜー。
(皆さん、さあ一斉に「独りだろ?」と冷たい突っ込みを!!)

*各ポジションの呼称は私が実際に勤めた工場で呼ばれていたものです。









IMGP2893.jpg

代車兼売物兼玩具ジムニーの修理を。

冷間時や雨の日に2気筒になってしまって走り辛いです。
日曜日から長期で貸し出し予定ですので、さっさと直してしまいましょう。









IMGP2894.jpg

ディストリビューターキャップの中。

クラックとか、何かの染みとか。









IMGP2895.jpg

同じくこっちにもクラックが。

それと1番のプラグコードがプラグにきちんと挿さっていませんでしたね。
ここだけ純正なプラグコードでしたし。

キャップ・ローター・コード・プラグを丸っと取り替えて完了。
外してから、プラグはまだ早かったかな~?なんて思いましたが気持ち悪いですし。
何より、これだけやってもかなりローコストな整備ですよ。

必要以上に交換する必要はありませんが、5年5万kmくらいを目安にしても痛くないですよ。





明日はエータロの初運動会。
その後カムリの修理~。




                 
スポンサーサイト

生きていく未来は生かされた過去の上にあり、26年ぶりの再会もまた然り。

09 29, 2011
最近良く見かける「~魂」。
Tシャツやステッカーなどにプリントされていて、~の部分に町名や市名が入ります。

私はどうも苦手です、地域やコミュニティを限定したメッセージをそこに居ながら身に着けるのは。
かと言って、例えば渋谷や青山で「七ヶ浜魂」が着れるかって言えば着れません。
地域に密着しなければ安定は無い仕事をしていながら、ちょっと反感も買いそうですが。
これはナショナリズムの欠如ですか?そうじゃないと自分では思っています。
地域を愛する気持ちは人並み以上にあると思いますし、戻ってきてから初めて選挙に行くようにもなりました。

では何故、その地域愛のメッセージ(・・・ですら無いような気がする)に批判的か?
被災地の方で非被災地からのご支援を受け取られていない方はいません。
どんな環境に置かれていようとも、今現在生きている被災者の命は基本的にその支援で繋いだ命です。
これは誰がなんと言おうが覆すことの出来ない事実です。

上手にまとめられないのですが、今出回っている地域やコミュニティを限定したメッセージには、
何故かその意識がきちんと載っていない印象があるんですよね、あくまで私の感覚的にですが。
なんだか、この大震災の問題が局所的に完結できると思っているかのような印象。
何故内輪に向けたメッセージ若しくは外部に対し突っ張ったメッセージなのか?
むしろ真逆であるべきだと思います。

震災以来、一貫して書いてきましたが「頑張ろう~」は未だに大嫌いですし腹立たしい。
何故他人に向けた言葉なのですか?

我々が身に着けるべきメッセージは感謝の気持ちと個の内側への言葉でしょう。
「ありがとう」だけじゃダメですか?
「がんばります」じゃおかしいですか?
「ありがとう、がんばります」あるいは繋げてみても、とても自分に、そして前に向いてますよ。

この二つならば、被災者・非被災者関係なくそれぞれの立場や想いを載せて身に着けることができる。
わざわざローカライズするのは止めましょう、局所的に完結する問題なわけがないんですよ。

コンビニやスーパー、その他店舗に「頑張ろう~」と張り出している責任者の皆様。
今すぐにでも「頑張ります」に換えましょうよ、明らかにおかしいです。

んー、決めた。
ここで書いて批判するだけじゃそれこそ問題に正対していません、他人事です。
これ作りますよ。









IMGP2863.jpg

さてドキドキのワゴンR、やっぱりすんなりとは通ってくれません。

検査の列に並びながらも白煙が出ないようにコマメにエンジンストップ。
やっと同一性の確認まできたら、あれれ?昨日まで点いていたシートベルトワーニングが点かないですよ?
勿論めでたく再検を頂きました。

しかし工具も換えの電球もT-3の中、そのT-3は置きクルマとして作業していた石巻にあります。
クルマの中をゴソゴソすると、ありました車載のドライバーが。
狭い軽協の中ですから、駐車場で作業していると何を言われるか判りませんので一度出ます。

前の道路の路肩の広い部分に駐車して、メーター外して。
ゴニョゴニョゴニョ、よしよし点いたぞ。



再検に持っていくと「叩いたら点いちゃいましたか?」と。
失礼な!ちゃんと交換してきましたよ、エンジンチェックランプの電球と。

無事に車検証も出て一安心、この後すぐに石巻へ戻ってハブベアリングの交換と仕上げ。

オーナー様、最後の2年間です。
せめてオイル交換だけは定期的に実施して下さい。









IMGP2864.jpg

帰ってきてT-3の中を整理、お金を貰ったり払ったりが結構あったので会計日記を。

そうこうしていると約束の時間です。
今日の夕方は同じ七ヶ浜町内のお客様からSOS、ホンダのジャイロXが色々問題ありとのこと。
お客様のお帰りよりも早く着いてしまったので先に拝見。

先に伺っていたエキゾーストフランジのスタッド折れ込みを処理。
するとお客様もご帰宅、ご挨拶をしながらジャイロの修理も進めますが・・・
話が進むにつれて、どうも我々は同級生なのではないか?と結論付けられました。

困ったものです、共通の友人の名前はどんどん出てくるしお互いに知ってるんですよ。
私は例によって過去を振り返らない男ですので、ほとんどの名前は忘れています、小学生時代ですから。
ただ、言ってもらえれば思い出すので先方から出てくる名前に「居たね!」と。

でもね、お互いのことは全く思い出せませんし先方も私の名前は思い出せない。

まーしかし。
この際ですので「過去に共通項を持つ新しい友人」ってことでこれからもよろしくお願いします。
Nabe君とは他にも色々と、例えば子供の年齢が近いことやご夫婦でサーフィンをされることなど、
現在の共通項も多いんですね、ロングですし。




でもさー、やっぱジャイロはキャノピーじゃない?Nabe君。
コーヒーご馳走様でした。

明日は愛子方面、BMWはZ4からSOS。





                 

これもクルマの辿る道の一つか。

09 28, 2011
IMGP2862.jpg

つ、疲れました・・・

本日のお相手は、16万km走行のCV21S。
昨日ザックリと見積りはしていたのですが、イザ作業開始となると凹みます。

写真の様にエンジン真っ黒、下がりか上がりかタービンか最早わからないけど白煙も。
何は無くともオイルとフィルター、そう思って旧いフィルターと格闘すること20分。
リジットラックでの作業なので思うように工具の保持ができないのですが、締め過ぎでしょ。
カップは滑って、ドライバーは穴が広がるばかり、フィルターの縁を3分の1ほど削りながらも、
最後はタガネでオレの勝ち!

んじゃ次は、ドラムを開けて。
ハンマーでコンコンやったぐらいじゃ外れないだろーな、でも先ずはコンコン「ゴソっ」。
なんとサイドシルが10cm×10cmくらい落ちてきましたよ・・・

マトモに効いてるとは思えないフロントブレーキをOH。
スライドピンがすっかり固まってますね、潮時です。
ローターも内側が半分も当ってませんので交換。

ロアアームのボールジョイントブーツもぱっくり切れているので交換。

デスビOリングから激しくオイル漏れしてるので交換。

タイアはツルツルですが・・・あ、中古をお持ちで?ってこれもスリップサイン出てますよ。

テンポラリータイアは問題ないですが、ラゲッジフロアから地面が見えますね。
事故をやったらクルマがくの字になるかペシャンコか、多分キャビンは助かりません。

右のCVジョイントはカラカラ言ってますし、どうやらハブベアリングもダメっぽいです。

この状態で予算10万円、無理です、どれだけ目を瞑っても15万スタート。
それで通ったとしても2年乗れるか怪しいですね、エンジンが。
そもそも、きちんと整備しててもF6A的には限界が近いかな?


・・・とまぁ私としては買い替えを推したのですが、結局乗ることになり本日の作業。

この展開は判るんですよ。
でも今まで2年に1回のオイル交換の他にはガソリンしか入れてあげなかったのに、
買い替えるお金も無いし悪いところを全部直すお金も無い、安くやってくれ、はちょっと都合が良い。

試運転してて、どうにも煩い右ハブベアリングは追加でやりましょう。



でもね、作業してて、使い倒された道具みたいな美しさもありました。
そんなに大変な作業は無かったのですが、T-3に工具を取りに行ったり来たりとかロケーションの問題や、
これをあと2年走らせる為に今自分は作業しているのか?とか、どこかに見落としは無いか?など、
兎に角気持ち的にもなかなか作業が進まず結局1日仕事です。

明日は車検場へ。





                 
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ