FC2 Blog Ranking

久々のエータロネタ。

07 31, 2011
仕事ビッチリなのはオトーサンだけ、エータロはしっかり夏を遊んでいます。
カブトムシやクワガタ関係は帰ってからだね。








P1080424.jpg

従姉妹と町内会のお祭りにお出かけ。









P1080436.jpg

なんだよ、楽しそうじゃん。









P1080438.jpg

スーパーボール掬いか!俺らの時ってあったかな?

画的な印象は残ってるけど、やった記憶は金魚だけだな。










P1080441.jpg

3つ?結構頑張ったんじゃない?









P1080457.jpg

クッションのように綿飴を抱えてダッシュ。

早く食いたくて仕方ない。









P1080474.jpg

今日は朝からまたお祭り、午後からプール。

それ以外でも毎日従姉妹達を騒いだり、都内に買い物に行ってみたりと私よりハードに動いています。
なのでプールの後は当然のように寝ますが、昨日の夜くらいから疲れで食欲が落ちてきていまして、
ちゃんと食べていませんのでちゃんと眠れません。









P1080467.jpg

家人の友人達が遊びに来ている中だったので、話題はエータロに集中してました。


「・・・・・・・・・。」

最後はここに気の効いた面白台詞でも合わせて締めようと思ったのですが、思い浮かびません。
なので募集します。

優秀作品には、そのうち作成予定のワッペンをお送りしたいと思いますが、
まだデーターもできてませんのいつになるか不明です。





明日も初めて触る高年式(私的には)のBMWのエンジン交換と冷却系フラッシング。
これが終わるとかなりスッキリですから頑張ります。

でもリフトがあった方がいい仕事結構あったよね?
どうするか・・・。



あ、地面でエンジンやれば解決とか言わないように。








                 
スポンサーサイト

出張6日目

07 31, 2011
すみません(汗)
昨日はほぼ完成状態まで書き上げたのですが、何度か落ちかけたので「保存したつもり」で寝ました。
今朝、探せど探せど出てきませんし、どんな名前で保存したのかも思い出せませんので諦めます。









IMGP2114.jpg

お手伝いは昼食付きです。

いつもいつも豪勢で、流石に申し訳ないです。
量も相当なもんで、食べきるのが大変なくらいです。

オヤジさん、もう少し質素で構いませんので・・・









IMGP2116.jpg

お手伝いも進んで、今まで手が着け辛かった仕事も少しずつ回り始めました。

鍛冶屋の社長は板金経験がありますが、鍛冶屋は板金屋サンではありません。
鍛冶屋は修理・整備を生業とする工場です。

しかし、どうしてもと頼まれたサンバー(つまりヤッツケでいいから安くと言う意味)。
左スライドドアーとリアフェンダーが「ベッッッッッッッコリ」。
このままでは保安基準に外れてしまいます。

反動で出てしまった部分を均して・・・









IMGP2115.jpg

部品取りのサンバーから切り出したフェンダーをさらに詰めて・・・









IMGP2119.jpg

元のフェンダーを叩きながら上に被せます。

後は半自動でバチバチやって、シーラーを入れて上から同系色でシュ~とやって。
スライドドアーも部品取りのを取り付ければOK。

不思議な感じですが、「ああ、クルマってこんなんでもいいな」って思っちゃいますね。

要は個々の要求に合わせる引き出しをどれだけ持っているか、です。
沢山の知識と経験が有っても、引き出しが少なくては探すのが大変で出てきません。
引き出しの数を多くしておかないと「パっ」と出てこないし案内ができません。











IMGP2123_20110731102649.jpg

オレもまだまだだな~なんて思いながら、サンバー完成。
なんで写真真っ暗なんだ??

物凄く調子の良い中古ですね、距離も3万kmですが、既にスラッジが。
お客様が今回の事を教訓にきちんとオイル交換をすれば、まだまだ取り返せる程度。










IMGP2124.jpg

そうこうしているうちに、何やらプントが入ってきました。

アポもありましたし、プントにお乗りだったのは知っていたので直ぐにC.Kモータース様だと判りました。
私もよく「文章からイメージするのと、見た目が全然違う」と言われます。
でもC.K様も然り、意外にもガンガン行くタイプでした(笑)










IMGP2126_20110731102649.jpg

丁度いらした「AG959」の社長さんと二人でA3をヤッツケにかかろうとしています。

お前らちょっと待て、それはオレの獲物だ。










IMGP2134.jpg

持ってきていただいたVAG-COMを、お言葉に甘えて使わせていただきます。

VAG-COM、いいですコストパフォーマンス高し。
PCを使用するテスターは使い勝手がとても良いですね、使い慣れてるってのもありますが。
VAG(今はこんな風に言わないかな、VWとAUDIとか?)に対してだけ使用するならば、
DS708よりも使い易いと感じました。

DS708を持っておいて、VAGに対してだけはVAG-COMを使うってのもありですね。
そんなお気楽な価格で購入可能なようです、オークションなんかを見ていると。



何が良いって、ライヴデーター3ch同時表示が可能なんですよ。
これは便利、って言うよりもこの状態で見ていないと気がつけない事もあります。

そして、サンプリングスピードがかなり速い。
使ってる感覚だと、ディーラースペックの診断機のインターフェースとほぼ同じなのではないか?
そう思えるくらいですが、このスピードの速さがきっかけで違う選択肢が見えてきました。

O2の電圧を見ながらレーシングすると、今まで非常にゆっくりと変化していたパラメーターが
0.85~0.05まで一瞬で変化します。
試しにブローバイのホースを少しだけ抜いてみたりすると、かなりリニアに反応しているんですね。
で、前の記事にも書いたと思うのですが、フューエルトリムなのか何なのか判らなかったポジションが
1.000から動かないのも、「別の可能性」から導かれるものだと言う考えが。

ライヴデーターのチャンネルを弄っていると、スロットルユニットのポテンショ電圧らしきものがありました。
でも、全く変化しません。
エンジンを止めても、ONでアクセルをペコペコ踏んでも、何をやっても変化しない。

勿論診断機のバグだってこともありえるのですが、他の事象を考えるとどうも「アレ」がダメなんじゃないかと。
エンジン負荷やその他のデーター、吹け具合、加速その他で電スロそのものがおかしいとは思えませんので

決定的だったのが、電スロのコネクターを外して再接続したら「18001」のフォルトが消せたって事。
どんなアプローチをしても消去できなかったあのフォルト、O2の再接続で消せたのは前回の記事の通りです。
それが電スロでも消せた、つまりECUに何かしら普段はない電気的刺激を与えると消せてしまう。

ここまでも色々と有益な情報を貰っているC.Kモータースさんと、これっておかしいよね?と顔を見合わせます。

「eizouさん、これマスエアフローとかも信用できなくなってきたんじゃない?」
そうですね・・・C.Kさん。










IMGP2138.jpg

C.Kさんが持ってきてくれたスナップオンの便利ツールを、オシロ的サーキットテスター的に使って点検。

・アース・温度補償回路のドライヴ電源・センサーのドライヴ電源・信号線
で、測ってみると何故か、何故かセンサードライヴの5Vが来てません。
試しに信号線の出力を見てると、1.80Vくらいから全く変化しない。

じゃあいままでモニターしていたマスエアーフローとかエンジン負荷、そもそもエンジンの制御って
どうやって維持していたのか???

それと、その他の不思議な現象を重ね合わせるとどうにも「エンジンコントロールユニット」が怪しいですね・・・
まだ決定じゃありませんが、非常に臭い。
この後で、ECUの端子配列を確認し電源線その他の導通と短絡を点検、つないだ状態で本当に5V出てこない
のをECU側で確認とれたら間違いなくECUのパンクです。

開けてみたいですが、この辺のECUは樹脂にドブ漬なんでなかなか難しいです。





今日はゆっくり目に起きて、今記事をUPしています。
このあと町内会のお祭りに行って、午後からはエータロと従姉妹達みんなでプールです。





                 

出張5日目

07 29, 2011
IMGP2088_20110729221205.jpg

私、初めて見ました「YACCO」オイル。

聞くところによるとフランスのブランドらしいですが、なかなか(の性能・フィーリング)だそうです。
その性能は本より、このパッケージに射抜かれた感じですよ。
色といいシンプルなデザイン・フォントといい、この缶が欲しいので在庫しちゃおうかしら。










IMGP2106.jpg

さて、本日の作業ピックアップ。
実際にはここで紹介している作業の他に、ちょこちょことやってます。

先ずはハマリっぽいアウディのA3。
結構古めですが、それにしてもVW・AUDI系は樹脂パーツの耐久性が低いです。
同じ年式でもボルボなんかは、エンジンルームの樹脂配管やホース類の痛みはおとなしいかな?

年数で7年、距離でも7万km、どちらか早く到達したリミットに合わせて点検がお勧めですね。
「エンジンルーム内樹脂パイプ・ゴムホース・ジョイント集中点検」
なんてメニューがあっても良いかもしれませんね、ちょっと考えてみようかな。
ちょっとしたバキュームホースが割れていたりするだけで、ECU(ECM)はフォルトメモリーを
入力してしまいますし、どこもかしこもパキパキのベタベタではトラブルシュートも捗りません。
結果として遠回りになって金額も余計にかかってしまう可能性も高いです。



昨夜からのナオヤ君(DS708)とのテストドライヴで、こんなのを発見しました。
ライヴデーターチャンネル202。

このA3が出たばかりの頃は私もまだVWの責任者でしたが、もうかなり昔の話です。
しかもVWとアウディは別チャンネルになってしまいましたから、なかなか触るチャンスも無かったです。
今回708をつないで、初めは暫くパラメーターの見方を考えてしまったくらいに忘れています。

ダメですね、直感やその時のフィーリングで仕事をしてきたツケです。
本当に資料や写真、その他の記録の保存がないんですよ。
これからはきちんとストックしないといけません。

で、どのチャンネルにどんな意味合いのパラメーターが表示されているかがチンプンカンプンです。
なのでナンバー001から順にページをめくっていきますが、例えば「ラムダ・ファクター」。
これ、708のオリジナルの言い回しなのかアウディそれに準じているのか判りませんが、
電圧表示でもない気がするし、フューエルトリムでもない気がするし・・・

この辺が資料を基にしてない無謀なトラブルシュートの辛いところですが、
へそ曲がりなクルマトイキルは、実走でその数字がどんな意味なのか潰して行きます。

そんな感じで1ページずつ確認して202ページ目。
何やらO2がダメっぽい感じのデーターが見つかりました。
「B1-S1」だと、おそらくバンク1の上流側センサーかな?
ここのレディネスが取れていないっぽいデーターですね。

なので、今朝はO2のカプラーを外して挿し直し、その後フォルトメモリーのリセットを試みます。
すると今までどんな条件でも消えなかったミクスチャーアダプテーション系のフォルトが消えました。
心配なので電圧を見ながらエンジン負荷を変えて見ますがどうにも動きが鈍いです。
0.8~0.02Vくらいの幅で動きますが非常に遅い、鈍い。

他に何かしら原因がある・・・って所に広げるには無理がある気もします。
仮にO2センサーが正常だとして、その数字を「不調が出ないようにリッチかリーンに固定」はちょっと。
オープンループだったら判りますが、「リッチからリーンに安定的緩やかに変化」はしません。

ですので、とりあえず上流のO2を外してテスト走行。
1時間以上走っても、もう不調感の再現はありません。

決めてかかるには早いですが、依頼主に中間報告を入れます。










IMGP2107.jpg

ちょこちょこと作業を挟みながら、サンバーのエンジン交換。

眺めて作戦会議を頭の中で開きます。
このときは、小さいeizouが4人ほど集まりましたが、今日はいっこうに意見がまとまりません。
基本B型ですから、こんな時は会議のテーブルを星一徹ばりにひっくり返して無計画でガンガン行きます。

でも、エンジンオイルのドレーンを抜いた時には思わず中村社長に聞きましたね。
「ユーちゃん、オイル抜いておいたの?」と。

だって「3滴」しか出てこなかったんですもの。
そりゃあ焼き付きますってば。











IMGP2108.jpg

道具にモノを言わせてガンガン進めて、獲りました。










IMGP2109.jpg

あ、関東の知人の間では何故か「山賊」扱いですが、「盗った」んじゃありませんよ。
MTもコントロールアームもドライヴシャフトも盗ってません、潔白ですから見てください。










IMGP2112.jpg

鍛冶屋の工場から、家人の実家までは30kmくらいあるのかな?

結構な距離なので、ダメ押しテストドライブwithナオヤ君。
調子良いですね~、明日時間があればまた戻してテストしてみましょうか。

それに明日は筑波からVAG-COMが来ます、いやC.Kモータース様が持ってきてくれます。
本日石川県から届いた資料と、ディーラー勤めの「ボス」コバのアドバイスで、
もう直ったも同然。

・・・でも結果が出るまでは、自分のやり方じゃないと嫌だったりなへそ曲がり。
アドヴァイス頂ける皆様、頂いたものはしっかり自分の引き出しに入っていますので、
「もう教えねー」とか言わないでください。




さて明日の天気はどうでしょうか?ちょっと心配ですね。






                 
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ