FC2 Blog Ranking

211

06 30, 2011
IMGP1822.jpg

今日は211。

メジャーどころのMBやBMWには驚くほど触っていないんです、私・・・
実はちょっとした劣等感があったりするんですが、溝はゆっくり埋めていくしかないですね。

このクルマはクライメートユニットの不具合、暖かい風が全く出てこないとのことです。
下調べ無しでとりあえずDS708片手に直行。

当ててみますが、クライメートコントロールにはそれらしいDTCは無いです。
通常、温度センサー等の不具合はDTCを持たない場合も多く(冷静に考えると当然なのですが)
ライヴデーターで当りをつけないといけません。

クルマの癖なんかが解っていれば直接そこに当たればいいと思いますが、そうでは無い場合。
今回の場合は出てくる風の温度が思うようにならない、特に暖かくならないのですから・・・

「室内温度センサー」「エバポレーター温度」「コンプレッサーのアクティブ」
「ブレンドフラップ(モーター)の開度」「冷却水温」etc。

今回の場合はこの中でも室内温度センサーとブレンドフラップ開度しか見ません。
他は補助的にトータルで観察するのにあった方が良いかな?














IMGP1825.jpg
IMGP1832.jpg
IMGP1830.jpg

ここで温度が大体正確、フラップモーターも指示値と実行値が同じで変化にも応じている。
そうなると、もうユニット側の電気的な問題では無い可能性が高くなってきます。
エンジンルームに見えているヒーターホースはきちんと熱くなっています。
さて、どうしましょうエクスチェンジャーの温度を直接見るべきか?

ここでMBに詳しい方にヘルプの電話をします。
勿論、イキナリ問い合わせてもきちんと教えてくれると思うのですが、
それはメカニックとしての物の進め方から大きく外れると思います。
詳しい方に質問するのに、その方が答え易くするための材料は準備しておくのが基本です。

今回の場合は、
「室内温度センサーの入力は正常」
「ブレンドフラップの動きも正常」
「DTCの入力なし」
「エンジンルームのヒーターホースは熱い」

・・・が、この先に考えられる特有の不具合はあるか?
フラップ周りの機械的点検も含めエクスチェンジャーの温度を直接測って詰まりを疑ってみるべきか?

という質問のもって行き方をしなかったら、質問をされる側も何から答えればよいのか判らない。
忙しいタイミングだったりすると尚のことですし、その都合の良さに腹だって立ってきます。



逸れましたが、結果ヒーターバルブの不良だと判明、211の弱点でもあるようですね。
モーターでバルブを開閉していて、軸をつたってモーター部に冷却水が浸入し作動不良を引き起こす。
しかし、その動作は監視されていないアクチュエーターなのでDTCは残らない。

んん~、勉強になりました!
面白いですね、やっぱり。
今後も、自分の中でのすり合わせや勉強をどんどん重ねて行きます。
そんな感じでどうしても「お勉強中」な印象は拭えない私ですが、整備の勘所は押さえています。
トータルでお客様の不利益になる事は一切ありませんので、近隣の方どしどしお問い合わせください。
さらにクオリティーの高いサーヴィスでお応えするべく、日々場所確保に動いております。






                 
スポンサーサイト

ちょっと考えて、子供を守りましょう。

06 29, 2011
今日は暑い日でした、梅雨の晴れ間。
私なんかは暑さが気にならない(それで気づかぬうちに熱中症)ので、温度は別として晴れは歓迎。
ですが、大人は自分の管理は本より周りにも気を配らねばなりません。

今日はほぼ一日外、屋根の無い場所で作業していたので4時30分くらいに引き上げて帰宅。
次元(犬)の散歩に出かけました。

するとその途中、あるお宅の前に駐車してあるクルマの中に数人の子供が居ます。
30m手前くらいで気が付きましたが、そこからでも心拍数が急激に上がる程に、
中の子供達の様子がおかしい。

駆け寄っていくと5歳の子供が真っ赤な顔で滝のような汗、
錯乱気味に泣きながら「助けてください!」とガラスをバンバン叩いています。
見ると中には4人居て3歳の女の子も泣いています。

幸いにも運転席が締まりきってなくて、直ぐに開いたので子供達を外に出し状態を確認。
皆しっかりしていて一線は越えていなかったようで胸を撫で下ろします。

「お母さんは居ないの?」
聞くと体調を崩して家の中でお休みになっていたようです。
体調を聞きながら様子を観察しますが、幸いにもしっかりしています。
「じゃあお家の鍵は開いているんだね?早く入ってお水を飲んで来なさい!」
そう言って中に押し込み、その場を後にしました。



どうやらクルマの中で遊ぶうち、スライドドアーのロックを施錠してしまい、
気温が上がって出ようと思っても開かずにパニックになってしまった様ですね。
マスタースイッチでセントラルロックしてしまわなかったのが不幸中の幸いでした。

クルマを施錠していなかった事に、親の罪はありませんがこんな事もあるんです。

具合を悪くして寝ているから外で遊ぶな、とは言えません。
でもこの出来事を教訓に、是非とも密室になる可能性は極力排除したいものです。



本当に青くなりました。
あの震災で、たった200mの距離で奇跡的に拾った命、生きながらえた子供達です。
こんなどうしようもなくつまらない人災で捨ててどうするんですか。

・・・と思い直す必要もあるんじゃないかと。

その碁の事とか本当は結構烏賊っているんですが、
歯っきり倶戴敵に描くと逸れは逸れで紋代あるのでこの程度っす。











IMGP1812.jpg

朝イチでワゴンRの名義変更に行って来て、その足で実家へ。

しかし軽協もかなり落ち着きましたね、朝イチをきちんと狙って行けば9時30分には帰宅(帰社)。
そんなんで、慌しくブラストしてそのままだったケースを洗浄します。

持ってて良かった5/16-18、1/4-20のタップ。
もう忘れてしまいましたが、多分MINIのエンジン周りにもこのサイズなんでしょうね。
じゃなかったら持ってる理由が解らない。

タップを当てたらブラシと洗剤を使って徹底洗浄し、流してエアーブロー。














IMGP1813.jpg

オイルポンプも組んでおきます・・・っつーか先にケースなんでしょうが訳あって組めません。

ちょっと焦って(あせって)来たと言うか、焦れて(じれて)来たんで組めるものは組んでしまいたい。
なのでポンプシャフトのシールを打ち換えて、ガスケットも入れて仮組みしておきます。
ケースを組んでからオイルポンプのボディーアライメント(シャフトの芯出し)を取らなければなりません。

因みにトロコイドになったTC88以降も、カムシャフトサポートプレート周りの締め方をミスると
オイルが中にジャブジャブ漏れちゃって油圧かからなくなっちゃいますんで注意。
「そんなん気にし過ぎダロー」って人、試しに片っ端から締めてみてください。

まぁそんな感じでギアポンプはまだ判り易いでしょ?
シャフトの回転抵抗の一番少ない所を探りながら組めばいいだけですから。













IMGP1815.jpg

ヘッドも組んでしまいましょう。

何年ぶりだろうか、タコ棒を出してみたら大きいやつにヒビが入っていました。
ですので無謀にも小さなタコ棒でインテークバルブに挑んでおります。
ま、結果的にすり合わせできていればいいのですから。




兎に角、三歩進んで二歩下がるような事を繰り返しているこのエボソフテイル。
クランクが組めない理由はベアリング、シリンドリカル側が思った以上にダメージがあったこと。
ケースだけ組みあがってしまえば後は多少の事は目を瞑り、ガンガン組んで行くだけなんですが。

リフターも何とか分解、修正しながら組んで無事復活(無理矢理復活)。
その他も大体見えてきてはいるんですが、逆に問題もちょこちょこと。





OKAピー、また相談乗って~!






                 

クルマ選びは人それぞれ。でも納得のいく話ができる人に相談を。

06 28, 2011
      

続きを読む »

           
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ