FC2 Blog Ranking

嘘っ・・・パンタじゃなかったの?

01 31, 2011
今朝はヤバかったですね。
ちょっと布団の中で粘り過ぎて、いつの間にか6時になっていたのでクルマで行くことに。
ラパンは家人が使用することになっていたので、迷わず、いや何も考えずにワゴニアに乗り込みました。

家を出た直後に「ヤベ、雪残って(凍って)るかな・・・」と思ったのですが、戻るのも面倒。
夏タイアにFR、男の子は気合とV8で何処までも行くんだゼ~と後ろは振り返りません。
しかしですね、仙台市内を走行していると「五橋通り」なる全く日の当たらない、
いや当たっているのかも知れないが兎に角雪の融けない通りがあるんですが、
またまんまとその道を選択しちゃってる訳ですよ、無意識に。

で、やっちゃいましたねコーナーらしいコーナーではなかったのですが、
前を走っていたやけに安全運転な軽バンがウインカー出したまま何時まで経っても曲がってくれず、
どうしようも無いのでブレーキを当て、右に出たリアに合わせてカウンターを当てながらバンをクリア。
そのままその先の緩い左カーブをアクセルを床まで踏み込んで、2車線を使った豪快なワゴニアドリフト。
もしかしたら天才なのかも知れないと感じた、視界も狭まるアドレナリン全開の30km/h。

後ろを走行していた軽自動車が、見事な走りをホーンで讃えてくれました、ありがとう!
・・・と言うか、スミマセン。









P1050019.jpg

日曜日にボルボの修理のためワゴニアをどかそうとしたんですよ。

そうしたら、何故か運転席のウインドウが10cmほど開いているんですね。
うわやっちった~と思ってドアを開けると、シートの上には薄っすらと積雪。
こんなもんで済んでよかった、そう気を取り直してエンジンをかけ、ウインドウをあげると・・・

「ウィ~ン、ガラガラガラガラガラガラ」

うわぁ、ダメだこりゃ。










P1050020.jpgP1050024.jpg
P1050021.jpgP1050022.jpg
P1050023.jpgP1050025.jpg
P1050026.jpgP1050037.jpg

一々写真毎に解説をするほどの作業でもありませんので、写真だけダイジェストで。

こんな感じでトリムを外して中を覗くと、あれ??パンタ(パンタグラフ)じゃないんだ・・・
それじゃああんまり持ちませんよね。









P1050028.jpg

ポッキリ折れていたのは、フレキシブルラックです。

つーかですね、このフレキシブルラックをウインドウに使ってるの初めて見ましたよ!
こんなものパワーアンテナとかコーナーポールくらいだと思っていたのでビックリです。

よくもウインドウの重さに耐えていたもんです。
これは修理のしようがありませんね。
プロの方は頷かれていると思いますが、VWのリフターで散々苦労した苦い経験から、この手の場所の
樹脂部品は素直に交換することにしています。

思い出したくもありませんね、VWめ・・・
A3もA4も、保証が切れた途端にバンバン落ちるんですよ、ウインドウが。
それも間の悪いことに雪の日とか雨の日とか。
ドアにビニール袋を貼り付けたお客さまがお店に入ってくるのを発見した時のせつなさ・・・
ああ、神よ、誰もが納得する魔法の言葉を授けたまえ~。











9066-4FLEXCLOSE.jpg

で、すぐさま注文です。

今回は、前回ヒヤヒヤさせられたショップではなく別のところに注文してみました。
ここも完全なジープ専門のお店で、細かなパーツも充実しています。

ラックはどうせ他も落ちるんだろ、と1台分。









1992-rotor2.jpg

そうだそうだ、最近歪みが酷くてスムーズに停車できないほどなフロントブレーキ。

安いからローター換えちゃいましょ。









10082-PAD3.jpg

勿論パッドも。









5594-GWBrakeCaliper.jpg

キャリパーはオーバーホール?

いやいや、クルマの重さからすると非常に華奢な浮動キャリパーですから、絶~っ対に開いてしまってます。
確認も何もしていませんが、車重、距離から考えると丸っと交換がベストでしょう。

これも安いんで注文。






なかなかラビットに回すお金が出来ないですね。
ま、のんびりやりましょ。





                 
スポンサーサイト

'97・875(V70 Ⅰ)メインテナンス

01 30, 2011
なんとも間が悪いと言うか、なにもこんな時に積もってしまったものですね。
積雪自体は大した量じゃありませんし、何時もの通り放っておけば融けてしまいます。
しかし今日は朝から来客がありますし作業もしなければなりません。









P1050011.jpg

なのでせっせと雪かき(雪掃き)です。

どうも道路だと落ち着いて作業できない(当たり前じゃ。)ので、本日はワゴニアをどかして作業場を確保。
お客さまは先日もABSコントロールモジュール修理でいらした'97の875(V70Ⅰ)のS様です。

本日のご依頼は、
・エンジン(AT?)のオイル漏れを何とかできないか?
・テールゲートのトリムが落ちてきてしまった。
・リアドアーのウエザーストリップが外れてしまう。
・ATが時々3速に固定されてしまい、警告灯が点灯する。
・ACのシステム電源がたまにしか入らない。
・右前のサスペンションから凄い音がする。
等等。









P1050013.jpg

先ずは確実に結果の出るものから片付けて行きます。

こんな感じに何度押し込んでも緩くて外れてきてしまうウエザーストリップ、経験ありませんか?









P1050015.jpg

ドアーの当たり面がこすれて破れかかっていたり、穴が開いたりしているものは交換でも良いでしょう。

しかしこの状態で交換されてしまうのでは、ウエザーストリップが不憫ですね。
パーツライフを全うしていませんし、新品に交換する保険的要素が見当たりません。
なのでチャンネル部分をカシメて食付きを復活させます。
このゴムの中にはC字断面スティールの芯が入っていますので、その部分の口部分だけをカシメ直します。
C字のフトコロ部分をしっかり潰してしまうと、形状的に食付かせるのが難しくなってしまうので
プライヤーのアゴと逃げを使ってC字のフトコロは潰さないように仕上げます。

角を決めて、しっかりはめ込んであげれば完成。









P1050018.jpg

オイル漏れに関しては、前回いらした時に「エンジンから」と思われる旨をそれとなく申し上げました。

しかし、私の勧めもあってオイル交換を依頼した量販店で「ATからの漏れ」だと言われたそうです。
確かにオイルで汚れているのはATですが、このパワートレインの構成からAT下面が汚れていて、
原因として初めに想像するのはリアクランクシールからのエンジンオイル漏れ、じゃないでしょうか?
次にATのインプットシール、デフサイドシール、ブリーザープラグ(オイル入れ過ぎ)、オイルパン、
ドレインプラグ、セレクターシールの順でしょうね。
その他にも旧い外付けのシフトアップソレノイドとか、ブレーキバンドサーボ(ピストン)カバーとか、
ATクーラーパイプのOリングとか、兎に角原因なんて数え切れないほどあるにはあります。
尤も、FFなのかFRなのかAWなのかBWなのかZFなのか云々で順番は変わってきますので、
ケースバイケースだってことです。

量販店さん、触り慣れないクルマのオイル漏れに関しては、あまり憶測で話をされない方が良いかと。
勿論、全てのトラブルに対して憶測での話しは危険ですね。
先ずは実車の確認ありき、です。

写真では既にある程度綺麗になっていますが、きちんとATからの漏れではないことを確認する為と、
万が一ブロックやオイルパンに「ス」が入っていないとも限りませんのでパーツクリーナーで洗浄。
そしてDレンジでフロントタイアを回しながらアイドルさせて、漏れ箇所の特定をします。
こんな時に高温高圧洗浄機が欲しいのですが、ボイラー付きは非常に高価で手が出ません。

・・・が、かなり酷い漏れじゃなければ簡単には特定できません。
でも「一番汚れている所は何処か?」「漏れているオイルは何オイルか?」でほぼ限定してしまう事も可能。
今回もベルハウジング内が非常に汚れていて原因がエンジンオイルでしたので、リアクランクシールに断定。

つーか漏れてるオイルでATじゃないのは直ぐに判るだろって感じなのですが。
リフトやその他で恵まれた作業環境に居るのに、こんな誤診をしてしまう人間には腹が立つわけです。
せめて前線に立たずに奥でひっそり、ベテランの見積もりをひたすら作業していてくれれば良いのに。
ある程度自信が付いたら前に出てきなさい。
って言ってもそんな教育環境が整っている現場ってそうそう無いかな?
量販店じゃ無理でしょうね。

こんな話は巷に溢れていますよ。
皆さんもどうか信頼できるクルマ屋さんをきちんと探してください。
「あそこのメカニックはどうも・・・」と愚痴っているだけでは、ユーザー側の努力が足りないんです。

特に宮城県の皆様は慎重にお探し下さいね。
宮城に帰ってきてからというもの、怖い話しか聞こえてきませんので。









P1050017.jpg

1時間30分近くはアイドルさせていたでしょうか、やっとベルハウジングからオイルが染み出してきました。

「じゃあお客さん、リアクランクシールを交換しますか」とは行かない訳ですね。
この875はATにトラブルを抱えています。
しかもちょっと面倒なスピードセンサー系DTC、つまり滑りが生じている可能性が高いATです。
ATは私の元へ持ち込まれる前にディーラーで見積もりを取っていますが、これに関しては信用できるものです。

しかしながら不景気な昨今、AT交換のお金がササっと出てくる人間は少ないでしょう。
この875のオーナー様もやはり厳しい様子でしたので、ストップリークの方向で行くことにしました。

今現在の私の取っている整備スタイルは、「保存的整備」です。
根底にあるのは「お客さまとクルマ、その付き合いと状態を徹底的に詰めた整備」ではありますから、
保存的でも廃棄的でもあるファジーなものですが、現在の作業環境を考えると保存に重きを置くべきと思っています。
逆に言えばお手伝いできる整備の内容が限られてくるし、そうせざるを得ないのも確かなのですが、
きちんと設備投資した工場に任せなければならない仕事もある、とも考えますしね。

この875のオーナー様とも、時間をかけた様々なやり取りの中から選択したベストな方法がストップリークでした。
偶々なのですが、手持ちの在庫にPLUS91がありましたし。





ATに関しては、これは交換しか手立てがないですね。
オーバーホールも可能ですが、コアチャージをしたリビルド載せ換えとそう金額は離れません。
約1年前に、県内の専業さんで前オーナー様が車検を受けられていますが、そのときにATFを交換された様です。
それがきっかけだと言うのは性急ですが、お話を伺った感じだと可能性が無きにしもあらず。
ATF一つとっても、先ずは交換前のシフトの状態・オイルの状態・走行距離をきちんと見極めなくては危険です。
それによって交換に使用できるオイルも変化する場合もありますし、そもそも交換が望ましくない場合もあります。

このある程度走行した車両のATF交換は「あ、ATFも汚れているので交換した方が良いですよ、どうしますか?」
程度の説明じゃ済まされない、非常にデリケートな作業です。
ATの状態に応じてATFをセレクトできるメカニックさんは一部ですが、「高級なオイル」と「安価なオイル」
どちらにしますか?なんて選択を安易にお客さまに任せる工場はどうかと思います。

取りあえず現象の進行を見ながら考えていくことで、保留です。





右前のサスペンションからの「凄い音」はロアーアームのボールジョイントからでした。
プライバーでボール部にテンションをかけると5mm以上上下する激しいガタです。
コイツは保存って訳にも行きませんね・・・中古を探しましょう。





テールゲートのトリム脱落は、クリップ破損が原因でしたので部品を取り寄せて対処。
850では定番ですが、クリップではなくてトリム側のクリップホールのクラックや破損が原因である場合もあります。
純正でリペアキットが出ていますが、今ひとつな使い心地なので状況に合わせて使い分けるべきでしょう。





ACの不具合に関しては、ちょっと難しいです。
ほぼコントロールパネルかな?とは思っているのですが、しっかり裏を取るには時間がかかるので後日お預かり
することにしました。





部品代で結構ですと申し上げたのに、結構な金額を頂いてしまいました。
「笑顔でご清算できる整備」って本当に気持ちの良いものですね、お役に立てて嬉しいと心から思える瞬間です。
S様、また後日にご足労いただきますが宜しくお願いいたします。









P1050071.jpg

エータロが結構な具合で痛めるので、暫く手入れをさぼっていたアーコール。

気分が良いついでに最近新しくビーズワックスを入手したので、テーブルも磨き上げました。
昨日購入したメイド・イン・U.S.A.のシンプルなマグと、家人作の手捻りの器に乗る焼きたてのスコーン。

とても幸せな午後のひととき。






                 

ARMSTRONG-U.S.A.

01 30, 2011
昨日はちょっと寄り道の予定でしたが、先方の予定と合わずに断念。
私としては早急に実現させたいのですが、それは私の勝手な都合ですね。
以前から仕事の世話(ちょっとした引き抜き)をしていた社会人1年生の若者が居ますが、
今日ほぼ決まりな感じまでもって行きました。

人の世話より、先ず自分の事なんですけどね。
私は自分の事を後回しにしているつもりは全く無いですし、
それに美学を見出している人間の気持ちも良くは理解できません。

色々と夢中になって生きていて、時折気が付くと自分の事が後回しになっていた。
・・・って事は良くありますが、積極的に意識して自分を後に回している人がいますね。
それも人それぞれですから別に批判するつもりはありませんが、それをアピールしないで欲しいです。
自分がどれだけ美しく見えているか知りませんが、ナルシストですね、そのままです。

ナルシストだったらまだ救われますが、其処にしか居ることが出来なくなっているにも関わらず、
仕事に劣等感を感じて、そこから抜け出せない自分や周囲に対して言い訳をしている人間。
何故、オレには今のところこれしか出来ないから此処で一生懸命やるんだ、と腹をくくれないのでしょうか。



今日は私の誕生祝いを、なんと妹がしてくれると言うので仙台まで出てきました。
素敵なカレー屋さんを見つけたので、そこで食事をと言う事です。

ハローワークに寄っておきたかった私は、家族よりも先に出て求人検索を済ませ、街をフラフラ。
目的も何も無く歩く仙台はとっても魅力的ですね、今日はカメラを忘れたので尚更かもしれません。

青葉通りの書店で立ち読みしながら時間を潰していると、電話が鳴りました。
明日ご来店(店じゃねーよな・・・なんだろ?)頂く予定のS様からでしたが、ちょっと1本点けたかったので
少し歩いてローソン前の灰皿まで。

電話が終わって書店へ戻ろうとすると、北欧家具・アンティークっぽいことが書いてあるカンバンがありました。
躊躇わずにお店に入ると、程よく抑えた在庫、変に拘っていない自由なセレクトでとても居心地の良いお店。
私が入店したときは、私しか客が居なかったので店主が声を掛けてくれました。









P1040999.jpg

地下のお店へ階段を下っていくと、正面に飾ってあったアームストロングの1-11/8・オープンエンドレンチ。
ロゴを見ると1世代?2世代?前のアームストロングのようです。

飾らなくてシンプルな工具としての基本を押さえているけどサイズに少し甘さがあったり。
でもその甘さ故の丸みのあるシルエット、そしてしっかりとしたクロームがアームストロングの魅力です。

私も数本所有していますが、実際に使用する機会はあまり無くてストレージの中のインテリアになっています。
何故でしょうか、このスパナ自体は希少価値のあるものでも無いのに目が離せなくなりました。
しつこく工具を見る私に、店主はアームストロングの説明をしてくれました、実は私は輸入車の整備を・・・
とカミングアウトすると、店主はサバーバンに乗っている、いや私はワゴニアで云々。
なんとまたクルマで繋がってしまいました。

まぁ、往々にしてこの手の商売をされている方や趣味をお持ちの方は、クルマも趣味的な場合が多いです。
しかし、ここの店主とはちょっとフィーリングが重なる感じがしましてね。
アンティークと言えども、商品は適正な価格で取引されるべきだとか。

店内を一通り見ながら店主と商品についての話をし、気に入ったマグを2つ買って帰るつもりが
アームストロングも手にしてレジに持っていってしまいました。
3点で¥2,400(ここからかなりオマケしてもらっています)、ね、買いやすいでしょ?
勿論どんなマグだったのかにもよるとは思いますが。

店主、クルマに何かあったら相談してください。
でかいクルマなんで、ウチじゃ出来る事に限界はありますがアドバイスは的確だと自負しております。
アンティークの価格だけじゃないですよ、適正であるべきなのは。
クルマの維持も然りです。

このお店は、また仕事の帰りに取材に行きましょうか、カメラを忘れずに持って。





しかしまた雪ですよ・・・明日はクルマの下に潜らなければならないのに。
S様、どうもヤバイ感じですぜ積雪具合が・・・






P1050004.jpg



                 
プロフィール

eizou1972

Author:eizou1972
大震災直前に独立を決意し、3年弱のブランクに苦しみながらもなんとかお客様のお役に立とうと奮闘しております。

お問い合わせなどございましたら、以下のアドレスまでお願いします。勿論コメントも大歓迎です。

eizou_eds@yahoo.co.jp

最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ